JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kokyouに今すぐ質問する
kokyou
kokyou, 宅地建物取引主任者
カテゴリ: 不動産取引
満足したユーザー: 16
経験:  立命館大学卒 NPO法人市民後見センターきょうと相談員国交省認定宅建実務講習講師
66193923
ここに 不動産取引 に関する質問を入力してください。
kokyouがオンラインで質問受付中

自宅近くに中古住宅が売り出されて購入を希望するのですが、物件はリフォームしても高額になりそうで、中古住宅を解体し隠居(平

ユーザー評価:

自宅近くに中古住宅が売り出されて購入を希望するのですが、物件はリフォームしても高額になりそうで、中古住宅を解体し隠居(平屋)を建てようと考えています。売買(中古住宅付)チラシに書いてある価格以外に費用はどれぐらい掛かるでしょうか?新築価格は別と考えて下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
35299;体費用はだいたいわかっています。
知りたいのは、不動産仲介手数料、登記費用、税金等かな?

購入時の諸費用概算のご質問ですね。

一般的なところでは中古物件価格の6.5%から8.5%あたりになると思われます。

これは私共の経験則に基づいたものですので、

おおよその目安としてお考え下さい。

その内訳としましては、

1、契約書貼付の印紙代・・・・例)物件価格1000万円~5000万円なら平成30年3月末までの軽減措置で1万円

2、業者への仲介手数料・・・・物件価格の3%+6万円+消費税

3、登記費用・・・・・・・・・登録免許税(所有権移転登記、抵当権設定登記)+司法書士報酬

4、固定資産税精算金・・・・・所有権移転時における固定資産税を売主買主で按分する為

5、購入後の不動産取得税・・・固定資産課税評価額3%(平成30年3月末までの特例)

ということです。

具体的な数字については、

評価額の数字やローンの借り入れによりかなり上下変動しますので、販売されている業者さんに確認されることをお勧めします。

参考になれば幸いです。

kokyouをはじめその他名の不動産取引カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。

不動産取引 についての関連する質問