ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 心療内科
満足したユーザー: 27779
経験:  精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本精神神経学会認知症診療医、日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医、日本総合病院精神医学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医、産業医、臨床研修指導医
107621047
ここに 心療内科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

モラハラを行う主人へ、離婚したいと伝え別居を開始しました。 復縁を希望され、もうやらないから

質問者の質問

モラハラを行う主人へ、離婚したいと伝え別居を開始しました。
復縁を希望され、もうやらないから と言われています。モラハラについて調べる中で、夫は自己愛性パーソナリティ障害に当てはまっているのですが、治る可能性はあるのでしょうか。
投稿: 11 日 前.
カテゴリ: 心療内科
専門家:  Dr わか 返答済み 11 日 前.

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。
電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

専門家:  Dr わか 返答済み 11 日 前.

パーソナリティ障害であれば、反省して行動がいったん落ち着いても、しばらくすると攻撃的言動は戻ることが多いと思います。パーソナリティ障害は、その方の本質にきわめて近いものであり、ご本人が行動を変えようと強く努力し、カウンセリングや薬物療法などもしっかり継続しないと変化しないものです。

薬物療法は本質をかえるものではなく、パーソナリティ障害にともなって出現する気分変動などを和らげる作用を示す程度です。

ご不明、心配の点について記載ください。

心療内科 についての関連する質問