ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかいに今すぐ質問する
Dr わかい
Dr わかい, 医師
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14921
経験:  dasdasd
107621047
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr わかいがオンラインで質問受付中

右腰周りに帯状疱疹が出来たことがきっかけで、左側に負担が掛かり左のふくらはぎがずっと痛くて歩けなくなりました。整形外科で

ユーザー評価:

右腰周りに帯状疱疹が出来たことがきっかけで、左側に負担が掛かり左のふくらはぎがずっと痛くて歩けなくなりました。整形外科で薬と湿布を貰いましたが、あまり変化を感じないためどうしたらいいか相談をしたいです。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 31歳、ケトプロフェンテープ、ロキソプロフェンナトリウム錠60mg、レバミピド錠100mg、タリージェ2.5mg
JA: ありがとうございます。上記の他に、整形外科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: レントゲンを撮ったところ、坐骨神経痛からのふくらはぎの痛みなんじゃないかと、病院では言われてます。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願い致します。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表示されます。電話相談を希望されなければこのままメッセージで進めてください。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12424;ろしくお願い致します。

少し、お待ちください。回答を作成しています。

すでにご存じのこと、お調べになっていることを含むと思いますが、初回回答であり、ひととおり記載いたします。

「左側に負担が掛かり左のふくらはぎがずっと痛くて歩けなくなりました。整形外科で薬と湿布を貰いましたが、あまり変化を感じないためどうしたらいいか相談をしたいです。」

→ レントゲンで確認し、そのうえで坐骨神経痛を指摘されているのであれば、おそらく腰椎もしくはその周辺筋肉で神経が圧迫されているために痛みが出現していると思います。

対応としては、すでに整形外科で指導されているかもしれませんが、下記のようなストレッチが有効なことがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=JXQUjyWuFvM&t=415s

これを初回からすべて行う必要はなく、できるものから少しずつ開始いただくと、神経の圧迫軽減が期待できます。このようなストレッチ実施とともに現在の痛み止めを使用されるとよろしいでしょう。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12473;トレッチのアドバイスは病院ではまだだったので、休養中の間にしてみようと思います。
何となくですが、体が水平?寝ている時の方が痛みが和らぎ、ずっと立っていたり椅子に座って血が足の方にたまる感じがあると痛みが強くなる気がするのですが、痛みが弱い時は出来るだけ歩いた方が良いのでしょうか?

「ずっと立っていたり椅子に座って血が足の方にたまる感じがあると痛みが強くなる気がするのですが、痛みが弱い時は出来るだけ歩いた方が良いのでしょうか?」

→ 筋力が落ちないように歩いた方がよろしいと思います。歩行が減ると筋肉が弱くなり、痛みが増すことがあります。痛みが強まらない程度の運動は重要です。

他に不明の点はないでしょうか?

Dr わかいをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
12399;い!大丈夫です。
ありがとうございました!

評価、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、いつでもご質問相談ください。
私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
お大事になさってください。

整形外科 についての関連する質問