ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかいに今すぐ質問する
Dr わかい
Dr わかい, 医師
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 9896
経験:  dasdasd
107621047
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr わかいがオンラインで質問受付中

73歳女性。20歳時脊椎分離症と診断、牽引治療しました。その後3年の間隔で痛み筋弛緩剤、鎮痛剤服用して仕事を休んだことは

ユーザー評価:

73歳女性。20歳時脊椎分離症と診断、牽引治療しました。その後3年の間隔で痛み筋弛緩剤、鎮痛剤服用して仕事を休んだことはありません。50歳過ぎから左足が痺れていました。一昨年頃から腰痛酷く、整形クリニックで多発性分離すべり症と診断ありコルセットを作成しましたが
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 73歳女性、内科のみの薬です、チラージンs
JA: ありがとうございます。上記の他に、整形外科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 痛みを少しでも少なくするにはどのようにしたらいいか教えてください

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

痛みが足まで広がっていれば、坐骨神経痛の併発も考えられ、ストレッチなどで対応する方法もあります。足の症状はいかがでしょうか?

質問者: 返答済み 14 日 前.
24038;足首の違和感はありますが冷やさないようにしています。今は腰の痛みと右臀部痛で動けない時があり困っています!

足、臀部の症状を考えると神経痛も併発している可能性が考えられます。整形外科で状態を確認いただき、理学療法士さんからストレッチや体操を指導していただく方法があります。例えば、下記のようなストレッチが有効である可能性があります。

https://www.youtube.com/watch?reload=9&v=JXQUjyWuFvM&feature=emb_logo

痛みに対しては、鎮痛剤を服用する方法に加えて、出現する痛み自体を和らげる作用のある抗うつ薬を使用する方法もあります。こちらは整形外科、ペインクリニック(麻酔科)で処方の検討をしていただけると思います。

Dr わかいをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問