JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかいに今すぐ質問する
Dr わかい
Dr わかい, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 6065
経験:  dasdasd
107621047
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr わかいがオンラインで質問受付中

母(89歳7ケ月)のことについてご相談します。多発性骨髄腫ということで仙台医療センターで治療をうけています。担当医師は高

ユーザー評価:

母(89歳7ケ月)のことについてご相談します。多発性骨髄腫ということで仙台医療センターで治療をうけています。担当医師は高齢でもあり、抗がん剤治療はデメリットの方が大きいと積極的な治療はせず、週1回の輸血をしています。母は疲労感が大きく通院も負担が大きいため近くの在宅診療の医療機関への紹介状をお願いしています。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 年齢は89歳7ケ月 女性 腎臓機能も悪く(クテアチニン3.48 eGFR10.10)です。以前から血栓ができやすいということで、「パリエット錠10mg・リクシアナ錠60mg・カムシア配合HDあすか・ドネペリン塩酸塩OD錠5mg)を服用しています。現在出血もしやすく、リクシアナはやめた方がよいと言われています。
JA: ありがとうございます。上記の他に、整形外科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 抗がん剤による副作用に対してはその都度医師と相談しながら調整しなければならないと思いますが、現在の医師はあまり病状の説明がなく、信頼に足るとは思われません。今後は在宅の医師と相談しながら治療していきたいと思っていますが、血液の専門医でなくてもある程度の治療は可能なのでしょうか。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
ご相談には順次対応しております。お時間を要して申し訳ありません。

抗がん剤によって生じる一般的な副作用については在宅診療担当の医師でも可能と思います。輸血が必要になったときに在宅診療で実施していただけるかは、前もって確認された方がよろしいと思います。

在宅診療では輸血まで実施しない場合もあり、また、それくらいの副作用や病状進行があった際に、在宅診療の医師が対応できないこともあります。

ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

Dr わかいをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
26089;速のご回答ありがとうございます。在宅診療の依頼を予定している医師は診療所へ行かなければなりませんが、輸血もできるとのことです。在宅診療で介護をしていこうと思います。また、多発性骨髄腫の薬として「レブラミド」という薬があると聞きました。この薬を使い場合に注意点や担当医師に依頼する場合に留意する点など教えてください。

レブレミドの使用に際し、成人ではデキサメタゾンと併用します。1日1回、21日間連続で内服したあと、7日間休薬します。この28日間を1サイクルとして繰り返します。副作用として血栓を考慮する必要があり、血栓予防としてアスピリンが併用されます。

質問者: 返答済み 12 日 前.
36074;問は完了しました。丁寧なご回答ありがとうございました。

お大事になさってください。

整形外科 についての関連する質問