JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-gonに今すぐ質問する
dr-gon
dr-gon, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 391
経験:  整形外科医として勤務
106908333
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
dr-gonがオンラインで質問受付中

今年の5月ごろから急に左ひざ関節内側に痛みが出て正座や立ち上がり時には特に痛みがあり近医でレントゲンを撮ったが変形はない

ユーザー評価:

今年の5月ごろから急に左ひざ関節内側に痛みが出て正座や立ち上がり時には特に痛みがあり近医でレントゲンを撮ったが変形はないとのこと病院でMRI をした結果内側半月板の断裂があり、それが膝内側にあたって痛いのだろうと、しかし治療方法はないと、鎮痛剤は聞かずどうすればいいのか。
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 70歳女性、鎮痛剤としてロキソニン服用
JA: ありがとうございます。上記の他に、整形外科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 日常生活が痛みなく過ごしたい
担当させていただきます。質問を読み、のちほど回答させていただきます。医師法により無診察での具体的な指示、診断、治療、処方は禁止されていますので、一般的な情報としてお聞きください。また、本業の仕事の空き時間に対応させていただくことが多いので返信が遅れることがありますがご了承ください。質問を終了する際は、右上のところから御評価の上、終了して頂くようにお願い致します。

ご質問読ませていただきました。膝の曲げ伸ばしなど可動域に制限はありませんか。

また、特に転倒やスポーツなどで受傷したわけではないのでしょうか。

それであればベースとしては変形性膝関節症が疑われます。

半年以上経過しており、慢性痛として鎮痛薬は変更が検討されますし、膝関節への注射も有効な治療の一つです。

また、徐々にO脚が進んでいるようでしたら、足底板も有効とされています。

一度病院を変更し、膝を専門とする整形外科への受診がすすめられます。

今後の改善ため、マイナス評価にされた理由を教えてください。また解決できていない疑問点があれば教えてください。マイナス評価でもプラス評価でも貴方の負担は変わりません。

質問者: 返答済み 10 日 前.
MRIの結果で変形性膝関節症は、なく半月板損傷(断裂)と言われたともうしあげましたが、読んでいただけてないので評価をさげました。半月板も断裂している部位が血行ないところなので縫合手術しても無理と言われ、するとしても断裂部位を内視鏡で除去する方法だと、除去したら一時的に痛みは軽減するがいずれは変形性膝関節症なるだろうと言われています。しかし痛みが強くこのままだと歩行もやっとで、何とかならないものだろうかと、やはり、覚悟して除去手術を受けたほうがよいのか、今後どうすればいよいのか。最近の治療はどんなものがあるのか聞きたかったのです。
内側半月板損傷は変形性膝関節症の症状の一つです。特に転倒やスポーツ契機の受傷でないのであれば、なおさら変形性膝関節症の進行による内側半月板損傷が疑われます。
近年の治療の一つとして、保険適応ではなく自費治療となりますが、再生医療のPRP治療というものがあります。上記でも伝えましたが慢性痛に分類されるためロキソニンよりも弱オピオイド薬やサインバルタといったデュロキセチン薬などの適応ですし、関節注射、足底板、手術として半月板切除、高位脛骨骨切りなどがあります。膝を専門とする手術をしている整形外科への受診をすすめます。
今貴女がされている治療、アドバイスを聞いている限り、膝を専門とする整形外科の治療とは異なる印象です。
質問者: 返答済み 10 日 前.
約1年位前には、椅子の足に引っ掛かり転倒したことがあります、そのときに、思いっきり左ひざを打撲し内出血しました。1から2週間もしたら自然に治癒し痛みなくなりました。そのことも今診てもらっている医師に言いましたが、関係ないとのことでした。
膝を専門とする病院はあるのですが変形性膝関節症で、人工関節などがメインなので半月板の治療をしていただけるのか不安です。スポーツ医学の病院はあるのですが。
1、2週間で痛みが引いたのであれば半月板損傷はその時なかったのだと思います。その病院のホームページに骨切りなどは記載ありませんか。外傷があれば若年でも30歳代から変形性膝関節症が進行し手術することもあります。骨切りは半月板の治療も同時に行います。
質問者: 返答済み 10 日 前.
わかりました。もう少し調べます、それと今診てもらっている医師にもう少しつっこんできき、専門医師を紹介してもらいます、ありがとうございました。
整形外科の専門分野も細かく分かれているため、専門的に診ているところで診てもらうのが1番正確です。治療は多数ありますし、その人の状態によって最適な治療は異なります。どうぞご自愛ください。

評価が変わっているようでしたら、評価を変更いただけると幸甚です。

宜しくお願い致します。

dr-gonをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
しばらく、家を留守にしていたので、先生への返信がおくれました。旅先でも膝が痛くあまりたのしめませんでした。ありがとうございました。骨切り術などおおげさになるのはとても、いやですが、治療は多数あるときいて安心しました。このままなすすべもなく我慢の毎日はつらいので。今までのようにはつらつ元気に歩いて旅行など楽しみたいと思います。
変形性関節症の方で手術してよく言われるのがもっと早く知ってれば、もっと早くやれば良かったということです。手術だけではありませんが、一つの選択肢として知っているだけでも気持ちは楽になると思います。旅行も楽しめるよう、貴方に合った治療が見つかることを祈っています。御評価ありがとうございます。

整形外科 についての関連する質問