JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
seiに今すぐ質問する
sei
sei, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 6031
経験:  勤務医
99857541
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
seiがオンラインで質問受付中

今年の6月頃から右手を上にあげて物を取ったり、バレーで右手のみのレシーブをしたりすると、鎖骨辺りに響く痛みがありました。

ユーザー評価:

今年の6月頃から右手を上にあげて物を取ったり、バレーで右手のみのレシーブをしたりすると、鎖骨辺りに響く痛みがありました。7月になると右腕にわずかな痛みを感じ、昨年頸椎症を発症しひどく痛かったので、その再発かと早めに病院受診しました。肩関節周囲炎とのことでロキソニン、ミオナール、湿布処方され1ヶ月様子を見るように言われました。この頃可動域制限はなく、背中で下着が止めにくいぐらいでした。痛みも自制内なのでミオナールだけ服用していました。仕事は介護で日常生活動作訓練のため、午前中に小集団にわけて5サイクル✖️10分の体操を教えていました。ママさんバレーは休んでいたのですが練習試合に人が足りず、2回参加しレシーバーを務めました。正直それは鎖骨辺りに響いて辛かったです。そうこうしていると徐々に痛みが強くなり、夜間痛や可動域制限が出てきて8月の再診では腕が70度しかあがらなくなっていました。ヒアルロン酸を週1で注射6回目.リハビリは仕事で通えず3回受けただけ。肩の拘縮は今も変わりません。少しでも拘縮を改善したいと注射で筋膜リリースするという病院を見つけ10月2日に行きました。エコーで肩の腱が骨に癒着していると言われました。頸に麻酔をして関節包を破る治療があるよと教えられました。肩の前と後ろの2箇所に注射をしましたが可動域は改善されませんでした。あと2、3回注射をしてみてもいいが治らないかもしれないなと言われ、その意味が注射ては治らないなのか、腱が骨に癒着しているから何をやっても治らないなのか分からず、モヤモヤしています。そこでさらに調べた結果、肩関節専門医というのを見つけました。そこを受診すべきか筋膜リリースの注射を続けるべきか迷っています。そして何より気になるのは何か治療をすればこの症状は改善するのでしょうか?
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 48歳、女、服用中の薬なし
JA: ありがとうございます。上記の他に、整形外科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: なし

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

肩関節専門医を受診した方がいいです。

腱板断裂の可能性もあると思います。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12394;るほど、分かりました。
それとお風呂に長く浸かるのが好きなのですが今は控えた方がいいですか?

既に6月の受傷で急性期はすぎているのでお風呂で温めても別に問題はないと思います。

seiをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
20998;かりました
ありがとうございました

整形外科 についての関連する質問