JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 整形外科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 476
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

65歳8ヶ月の男性です。 3年ほど前から腰に痛みがあり、近くの整形外科を受診しました。

質問者の質問

65歳8ヶ月の男性です。
3年ほど前から腰に痛みがあり、近くの整形外科を受診しました。
最初の病院では痛み止めの薬を処方。5か月経っても症状が変わらず、2件目の病院を受診。そこではレントゲンを撮り「脊柱管狭窄症」との診断。医者曰く、「加齢によるもので治らない。運動をして体重を落としなさい」。その当時89kgあった体重を84kgに落とし、薬も服用したが、約1年経っても症状は変わらず。近所の評判を聞き、3件目の病院を受診。レントゲンを撮ったあとMRIを撮り診断。2件目の医者と同じ診断(脊柱管狭窄症)。医者から「薬とリハビリ(腰の牽引)で治ります」と言われ1年と少し通い続けた。昨年4月ころから痛みが和らぎ一安心であったが、昨年末から痛みが再発し、今年4月からは歩行が困難な状態となり、数拾メ-トル歩くこともできない状態となった。今まではどの医者からも手術のことについての説明は無かった。
現在は近くの市立病院に通っており、MRIを撮り脊柱管狭窄症との診断であった。月1回通院し、薬を服用している。この市立病院には手術の設備は無い。
3週間ほど前から特に症状が悪化し、数メ-トル歩くこともできない。思い切って手術をお願いしたが、今の症状ではすすめないとのこと(まだよい方?)。体には自然治癒力があるので、もう少しガンマンして頑張ってみてとのアドバイス。
この先生を信じて頑張るつもりではありますが、本当に痛みは無くなるのでしょうか?
どれくらい我慢すれば良いのでしょうか?
仕事にも支障をきたしています。
長くなりましたが、アドバイスを宜しくお願いします。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  Dr-K 返答済み 2 ヶ月 前.

総合診療医のKKと申します。もともとの専門は神経医学です。

「どれくらい我慢すれば良いのでしょうか?」というご質問ですが、残念ながら、どれだけ休んでも状況が改善することはありません。

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形やずれ軟部組織にの骨化によって背骨の中の脊髄の通り道が狭くなって圧迫され、そのため下半身の痺れや痛みが現れる病気です。

脊柱管狭窄症は単一の疾患ではなく、椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症、黄色靭帯骨化症といった複数の理由によって起こる狭窄の総称です。

いずれの疾患も加齢に伴う背骨の変形、もしくは、背骨のずれ、軟部組織の骨化によって生じますので、進行することはあっても、非手術的治療で治ることはありません。

リリカ(神経因性痛治療薬)、ノイトロピン(神経因性痛治療薬)、メチクール(ビタミンB12)、オパルモン(血流改善剤)といった薬物療法、 運動療法や神経ブロック注射といった対症療法が行われますが、次第に進行し、最終的には手術が必要になります。

しかしあなたの場合、発症から3年が過ぎ、既に「数拾メ-トル歩くこともできない状態」ということですから、手術を受けられてもこれも残念ながら改善は期待できません。手術の目的は、これ以上の悪化を防ぐこと、になります。一方で、手術を受けなければさらなる状態悪化が予想されます。

「体には自然治癒力があるので、もう少しガンマンして頑張ってみてとのアドバイス」――これは全く的外れです。

【情報リクエスト】

①これで回答になっておりますでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

整形外科 についての関連する質問