JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
seiに今すぐ質問する
sei
sei, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 2086
経験:  勤務医
99857541
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
seiがオンラインで質問受付中

1月末に人工関節の手術をしましたが、退院後ふくらはぎがだるく、膝が痛く夜間に数回起きています。術後約2ヶ月以上経過してい

質問者の質問

1月末に人工関節の手術をしましたが、退院後ふくらはぎがだるく、膝が痛く夜間に数回起きています。術後約2ヶ月以上経過していますが、この痛だるさで神経がおかしくなりそうです。痛み止めや湿布、ア
イスノンで気を紛らわせていますが何か他に原因があるのでしょうか。病院には行ってますがはっきりしません。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  sei 返答済み 5 ヶ月 前.

質問ありがとうございます。

【情報リクエスト】

1、人工関節は膝ですか?股関節ですか?

2、人工関節を入れる理由になった疾患名を教えてください。

4、年齢と性別を差し支えなければ教えてください。

5、持病や定期内服があれば教えてください

6、主治医は痛みの原因については何と言っていますか?

7、痛みについて既に行った検査があれば結果も含めて教えてください。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
1 膝関節症
2 軟骨部分に2箇所の穴があいていた
4 女性 69歳
5 胃炎、めまい、アレルギー性鼻炎、眠り薬
6 血液検査をしたが特に異常がない
7 上に同じ
専門家:  sei 返答済み 5 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。

膝の手術をした術後に、深部静脈血栓症ができることがよくあり、症状は脹脛の痛みや腫脹になりますが、これについては主治医は何か言っていましたか?

検査は採血の特別な項目とエコーになります。

専門家:  sei 返答済み 5 ヶ月 前.

先に回答させて頂きます。

まず除外しておかなければならないのは、先の返答で述べた深部静脈血栓症によるふくらはぎの痛みです。この場合は、見た目に脹脛の腫れや、発赤があることが多いのですがそれらの症状があれば主治医が診察でまず疑って検査をするが主治医に疑われていないことと、今回は膝の痛みもあるということですので、今回はこの深部静脈血栓症による痛みではなく、人工関節手術によるものと仮定して以下回答します。

(ふくらはぎの腫れや把握痛、発赤があれば主治医に早急に相談されてください。)

膝の人工関節の手術をした場合、通常、退院時にはまだ痛みが残っています。

また、その後も3ヵ月ほどは多少痛んだり、患部が焼けるような感じがしたり、あるいは熱を持ったりということがあります。

その中で10~20%の方には、外国の統計では3か月目以降も痛みが残るといわれています。

痛みが残るというのは、強い痛みがまったくもって痛みが取れないというのではなく、「手術の前に期待していたほどは痛みが取れなかった」というイメージをされてください。術後は無痛になると思っている方が多いですので、このギャップにより心理的に余計に痛みを感じてしまう方もいます。

しかしこの痛みも、普通は半年、1年と時間が経過するごとに少しずつ取れてきます。

数か月経過しても、あまりに強い痛みが持続し取れないときにはMRIなどの検査をしますが、何か異常を起こしているケースは稀です。

従って、質問者様は、まだ2か月経過したばかりですので、まだ痛みが残っているのが一般的という時期になりますので、手術が失敗したのではないかとか、医師はっきり原因を言わないが何か隠しているのではないか、自分だけがこのような痛みを抱えているのではないかと心配される必要はないと思います。今は、日にち薬のところがありますので、今のように痛み止めを使用しながら、様子をみていくということになります。

専門家:  sei 返答済み 5 ヶ月 前.

術後の痛みの要因は様々です。質問者様の手術の原因になった変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減るなどし、関節内部の軟骨がぶつかる部分の神経が露出し痛みや炎症が起き、やがて変形をきたしてしまう病気で、人工物を入れることで膝関節の上下をカバーして神経のすれ合わない状態にして痛みを取る、あるいは感じにくくするものです。

しかし、手術のあとの傷自体の痛みが起こったり、加齢やそれまで痛みであまり歩いていなかったことにより筋力が低下していることも要因だったり、術後に今まで使ってこなかった筋肉を急に使うことで炎症を起こしたり、などが痛みの要因になると考えられます。

術後の痛みが残りやすい方はどういう方かというと、手術前の痛みがひどかった方、元々心配性で不安の強い方やマイナス思考の方など、精神的、心理的な要素も影響することがわかっています。

術後の膝の痛みには、患部を押したときや動いた時に主に痛む場合と、寝ているときなど安静時にズキズキ痛む場合とあります。前者の場合は刺激や運動負荷による痛みですが、質問者様のように寝ている時など安静時に痛みが起こる場合の要因は、「不安」であり、精神的な要素も大きく関係していると言われています。

今の痛みがずっと続くわけではないこと、今はまだ痛む時期であることを納得し、不安に思わない、ということも大事になってきます。また、痛みの連鎖を断ち切ることで、痛みの悪循環がきれることもあるので、神経ブロック注射などで、痛みを十分にとってあげることも大事になりますので、神経ブロック注射について主治医に相談されてみてはどうでしょうか。そこの整形外科でできなければペインクリニックに紹介してもらうといいと思います。

専門家:  sei 返答済み 5 ヶ月 前.

また、下肢の弱っている筋肉を鍛えたり、張っている筋肉をほぐしたりすることでも痛みが和らぐことがありますので、もうリハビリが終了してしまっている状態であれば、主治医に言ってリハビリをオーダーしてもらってはどうでしょうか

専門家:  sei 返答済み 5 ヶ月 前.

解決されなかった点があれば返信機能を利用されてください。

質問内容は解決したということであれば、システム上から回答に対する★の数の評価をつけて頂きますようお願いします。

回答の評価方法については下記のヘルプを参考にされてください。

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/how-do-i-rate-answer-hl

専門家:  sei 返答済み 5 ヶ月 前.

その後症状はいかがでしょうか?

整形外科 についての関連する質問