JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 1121
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

初めまして、宜しくお願い致します。

質問者の質問

初めまして、宜しくお願い致します。
10月4日に転倒して半月板を損傷してしまいました。最初は、痛み止めと、アルツディスポを注射して様子を見ましたが、途中から痛みの度合いがよくなりません。アルツディスポ期間が終わり痛み止めサインバルタを服用しても、いたみによくなる変化がありません。現在の痛みは、膝の曲げ、反らし、階段昇降、特に降りる時は一段一段両足をそろえて降りる。寝返りの際、痛いーっ!!と声を出して寝返りをしています。今日通院の日で、先生にまたアルツディスポを打ってみましょう。後、手術も考えてみてください。と言われました。前回も、濁した感じで、手術という選択もあります。と言われました。縫合になるか、金属を入れるかの様な手術だそうです。詳しくは聞いていません。手術をする、しないの選択は、私自身だと言われました。手術をするべきなのか、悩んでおります。宜しくお願い致します。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 整形外科
専門家:  Dr-K 返答済み 2 ヶ月 前.

総合診療医のKKと申します。

【情報リクエスト】

①このインターネット遠隔医療相談でご質問になりたいことをもう少し具体的に教えていただけますと幸いです。

※インターネット遠隔医療相談は現実世界の医療機関受診とは異なります。医療機関ならば、医者の前に座って症状を述べれば、暗黙の了解として、診察⇒検査⇒診断⇒治療 と自動的に話が進みますが、インターネット相談では診察も診断も治療もできません。ジャストアンサーとは、それを期待していただく場ではないことにご留意下さい。

その点をご理解いただいた上で、私どもにどのような回答を期待されているのかを具体的に述べていただけるとありがたいです。

「?」で終わり、それに答えらればプラス評価をしていただける質問文形式の文章をご記載いただけるのがベストです。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

専門家:  Dr-K 返答済み 2 ヶ月 前.

ご返信がありませんので、暫定的に回答させていただきます。

あなたの半月板のMRI画像を拝見しているわけではありませんので、一般論になりますが、「手術をする、しないの選択」で迷われていて、どちらがいいか、ということであれば、手術を受けられた方がいいと思います。

半月板にはほとんど血流がありませんので、手術で縫い合わせるか、断裂部分を切除しない限りは治ることはありません(切除になるか縫合になるかは断裂が起きている部位によって決まります)。
膝は荷重関節ですので、日常生活の中でも断裂は広がっていきます。よって、できるだけ早い時期に手術を行うのが最近の主流になってきています。

ただ、術後のリハビリテーションは重要です。
半月板損傷の治療のためのリハビリテーションは(手術前でも後でも)、理学療法士の指導に基づく筋力トレーニング的な内容です。

受診されている病院にそのような設備・スタッフが揃っているのであれば、手術を受けられることをお勧めいたします。
http://matome.naver.jp/odai/2142521829039180001(←クリックして下さい)

一昔前は膝関節の手術は大手術で、2~3ヶ月の入院を要するものでした。プロスポーツ選手などでも、「膝にメスを入れる」=「引退」と考えられていたような時期が長くあったと訊きます。
しかし今は関節鏡下手術が行えますので、半月板損傷ならば手術時間は2時間程度、入院期間は3日前後(日帰りで行っているところもあります)、一般的には1週間後には杖無しで歩けますし、3ヶ月のリハビリテーションで全く元通りに生活できるようになります。

以上、ご参考になれば幸いです。

整形外科 についての関連する質問