JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 整形外科医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 755
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

右足首の外果骨折で骨折観血的手術を病院で進められました、手術をするリスク、メリットとしないリスクとデメリットを教えてくだ

ユーザー評価:

右足首の外果骨折で骨折観血的手術を病院で進められました、手術をするリスク、メリットとしないリスクとデメリットを教えてください。合わせて手術方法を知りたい。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。

はじめまして。外果を骨折されたという事で、2カ所の骨折線はどのあたりであったでしょうか?

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12381;うです
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12513;ールでお願いします

基本的には手術方法は2カ所の骨折線があればプレート固定が一般的です。スクリューやピンなどで固定する方法もありますが、骨折が不安定であることを考えるとプレート固定が主流です。もちろん骨折の度合いにもよりますので、スクリューやピンだけで固定する場合もございます。また関節のズレがかなりひどい状況であれば脛骨という太い骨側にもスクリューを貫通させて関節を安定させる方法がとられることもあります。これはレントゲンを確認しないとわからないですね。

メリットは固定が安定するため、数年経過した後の関節の軟骨の損傷などが少なく、長期的にも痛みなく過ごせるという事ですね。デメリットは手術に伴う合併症(感染、皮膚の癒合遅延、神経への刺激症状など)が起こり得ることであり、これは確率は少ないですね。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
25163;術をしないリスクとデメリットは如何でしょうか
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
25163;術をしない場合のリスクとデメリットを教えてください。
先生はどちらをお勧めしますか。

手術をしない場合はもちろんメリットは手術に伴う合併症を回避できることですが、デメリットやリスクとしては関節がずれたまま固まってしまうので、数年経過したころに軟骨が痛んだり、骨がうまく癒合しなかったり、痛みが残存したりするというのが考えられます。これらのデメリットを手術によるメリットが上回ると考えられるため手術をお勧めされているのだと思います。私は診察していないので、何とも申し上げられませんが、手術を進められた場合はやはり手術をする方を選択しますね。

Dr.なかむらをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問