JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 1340
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

私の60才になる家内の事でご相談させて頂きます。

ユーザー評価:

私の60才になる家内の事でご相談させて頂きます。
○最近、2~3か月程前から、痛みは無いのですが、左足を引きずって歩くようになった。
○10分程歩くと、左足が重くなり、左膝がガックンとなる。少し休むと回復するが、又、症状が出て来 るの繰り返しになる。
○左足のふくらはぎが固い時がある。(起床時)
○現在、右足に下肢静脈瘤があり、(20数年前の代3子出産時発症)現在に至る。
○右足に痛み等の症状は殆ど無いが、前述の症状が出てきた為、本日、念の為、御茶ノ水の専門病院
で診察を受けて来ました。
○下肢静脈瘤はまだ、手術をする程までは悪化しておらず、現在の左足の症状には殆ど影響は無いと 思われるという医師の診断でした。
以上、前述の症状の原因が解らないのですが、どの様な病院の何科で受診したら良いのか、或いは
他に手段が或るのか、アドバイスを頂ければ幸いです。

総合診療医のKKと申します。

診察できないインターネット遠隔医療相談では診断はできませんが、文面を拝見する限り、あなたが呈している症状は「間欠性跛行」です。

https://www.ohta-hp.or.jp/n_etc/80med/dep/dep50/d50_02.htm(←クリックして下さい)

よって、考えられる疾患は腰部脊柱管狭窄症か閉塞性動脈硬化症ですが、既に血管の主治医には相談されていますので、後者の可能性は低いと思います。

【情報リクエスト】

➀腰を悪くされたことはありませんか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 1 年 前.
24481;座いません。

②では、足に冷感は?

質問者: 返答済み 1 年 前.
24038;足に若干の冷感を感じます。

了解しました。

では、まず、血管性(閉塞性動脈硬化症)による間欠性跛行ではないか、心臓血管外科(循環器外科)を受診して相談して下さい。

血管性の間欠性跛行が否定された場合、神経性の間欠性跛行の可能性が強いですから、脊椎専門の整形外科を受診して下さい。

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。脊椎・脊髄専門医を受診されて、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。下記のサイトから、日本整形外科学会と日本脊椎脊髄病学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医簿名】

https://kcs.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/new_search_doctor/spine.html

Dr-Kをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問