JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 1238
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

半年前に頚椎症と診断され頸椎の隙間が狭くなり首の右側および右手指先までしびれがあり

ユーザー評価:

半年前に頚椎症と診断され頸椎の隙間が狭くなり首の右側および右手指先までしびれがあり
リリカの服用と15キロの牽引で痛みが取れましたが、仕事が忙しくリリカの服用のみを続けていました 3月初めから両腕がだるく、浜松のすずかけセントラル病院にてレントゲン撮影で頸椎がかなり悪く聖隷浜松病院の専門医の診断を紹介されました、一か月前のかかりつけの医院でのレントゲン検査のおりはそのようなことは言われませんでした
仕事も土木の現場作業で30キロぐらいの重量物も扱います 専門医の診断は4月25日です
それまで仕事をしてもよいのでしょうか 腕には力がはいらず、無理があります
時々頸椎がポキポキ音がしています かかりつけの開業医さんに傷病手当金の相談をして専門医の診断まで仕事を休んだほうが良いのでしょうか 経済的な問題もあります
よろしくお願いいたします。

総合診療医のKKと申します。

あなたを最初に診た開業医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「湿布を処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。牽引治療の有効性には医学的根拠はありません。

私見としては、背骨、肩、手、股関節、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。

「一か月前のかかりつけの医院でのレントゲン検査のおりはそのようなことは言われませんでした」――これは、その開業医に頚椎を診る専門性が無いからです。

診察が出来ないインターネット医療相談では診断はできませんが、一般論としては、現時点で頚椎に負荷をかけるべきではありません。

http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg

http://blog-imgs-100.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/c_neck_back.png

【病気の説明|頚椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症・頚椎後縦靭帯骨化症・頚部脊柱管狭窄症】

http://kubi-shibire.com/exp/exp.html

かかりつけの開業医さんに傷病手当金の相談をして専門医の診断まで仕事を休んだほうが良いと思います。

Dr-Kをはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問