JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 整形外科
満足したユーザー: 14453
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 整形外科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3月頃より、右肩及び肩甲骨の張りと痛みで通院しました。ひと月くらいで右手人差し指、親指などに 痺れがきました、レン

ユーザー評価:

3月頃より、右肩及び肩甲骨の張りと痛みで通院しました。ひと月くらいで右手人差し指、親指などに
痺れがきました、レントゲンの結果頚椎ではと言われ、鎮痛剤投薬で現在に至りましたが、
頚椎ではなく、手根管症候群かもと言われ悩んでいます。現在痺れは右手人差し指の第一間接の
痺れと、時々の激痛です。どの専門医の受診が良いのでしょうか?

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

 

相談者様のような症例は実臨床でも少なからずおられ、診断に苦慮する場合があります。

 

手根管症候群は正中神経という神経が手首で絞扼されることで起こる疾患です。

http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/carpal_tunnel_syndrome.html

このために、正中神経が感覚を支配する領域である人差し指、親指を中心とした痛みや痺れが現れます。

 

ところが正中神経は、脊椎から頸椎の間を通って上肢に伸びる第6頸髄神経(C6)の太い枝の一つですので、C6が頸椎レベルで圧迫を受けた場合も、手に関していえば、手根管症候群とよく似た場所に同じような痺れ・痛みが生じるのです。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/09/64/a0238864_21561979.jpg

http://www.h5.dion.ne.jp/~ababa-55/fg0932.gif

 

少し補足情報を下さい。

 

①「右肩及び肩甲骨の張りと痛み」は、今はもう無いのですか?

 

②受診された整形外科の規模を教えて下さい。MRI検査を備えているような病院・クリニックでしょうか。

 

③診察した整形外科医は脊椎の専門医であったり、手外科の専門医であるというわけではないということでしょうか。

 

④処方されたお薬は効いていますか?

 

以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信いただくタイミング次第で、回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

 

 

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

情報リクエストにご返信いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
1,肩甲骨、肩 の張りと痛みは今のところないです。 
2、MRIなどは備え付けで、各専門科の担当医がいます。
3、最初は、肩関節専門医で肩の使い過ぎかもと言われたのですが、2ヶ月後に改善が見られなかったので自己判断で次が上肢専門医に変えてもらいました、その担当医が手首の筋肉反応検査(電気を通して)してくれて、痺れがあるならと、首のレントゲンを撮り少し頚椎の突起があるようなのでと、頚椎専門医に回してくれました。
頚椎専門医は、MRIをとりこの程度の突起ならまもなく治まるねと言われたのですが、2ヶ月位でも改善が見られないので頚椎専門医が、もう一度手の専門医へ再診してもらえといわれました。
4、ロキソニン1ヶ月、リリカカプセル、セレコックスが5ヶ月リリカ、セレコックスは、何とか、落ち着いてきてます。
質問者: 返答済み 4 年 前.
1,肩甲骨、肩の張りと痛みは今のところないです。 
2、MRIなどは備え付けで、各専門科の担当医がいます。
3、最初は、肩関節専門医で肩の使い過ぎかもと言われたのですが、2ヶ月後に改善が見られなかったので自己判断で次が上肢専門医に変えてもらいました、その担当医が手首の筋肉反応検査(電気を通して)してくれて、痺れがあるならと、首のレントゲンを撮 り少し頚椎の突起があるようなのでと、頚椎専門医に回してくれました。
頚椎専門医は、MRIをとりこの程度の突起ならまもなく治まるねと言われたのですが、2ヶ月位でも改善が見られないので頚椎専門医が、もう一度手の専門医へ再診してもらえといわれました。
4、ロキソニン1ヶ月、リリカカプセル、セレコックスが5ヶ月リリカ、セレコックスは、何とか、落ち着いてきてます。
ご返信・追加情報ありがとうございます。

それだけの専門医が診察して原因がわからないのであれば、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談でそれを特定することは難しいと思います。

前述したように「診断に苦慮するケース」のようですが、そのような経緯で手外科の専門医に再診となったのであれば、手外科の専門医のもとで治療を受けられるべきであると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
拙回答をご閲覧いただきありがとうございます。
しかし評価もご返信もいただけていないようです。

お役に立てなかったのであればオプトアウト(回答辞退)して他の専門家に回答権を譲りますが、いかがいたしますか?
猫山司をはじめその他名の整形外科カテゴリの専門家が質問受付中

整形外科 についての関連する質問