JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 医師
カテゴリ: 薬・調剤・漢方
満足したユーザー: 840
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに 薬・調剤・漢方 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

73才の女性です。19年ほど前に甲状腺癌になり、甲状腺、副甲状腺全摘し、今日に至っています。その後、炭カル1錠(朝500

ユーザー評価:

73才の女性です。19年ほど前に甲状腺癌になり、甲状腺、副甲状腺全摘し、今日に至っています。その後、炭カル1錠(朝500㎎)チラ-ジンs2錠(朝夕各50㎎)ワンアルファ2錠(朝夕各1.0)服用、
その後、高血圧になりアテノロ-ル2錠(朝夕各25㎎)アムロジピンOD2錠(朝夕各1)増え
又昨年、一過性黒内障になり(脳ドッグでMR検査)結果、バイアスピリン錠、100㎎、イコサペント酸エチル粒状カプセル1錠(朝600㎎)又2か月程前に血尿が出て、大学病院で検査、膀胱、腎臓検査の結果陰性で悪いものはないが、痛風の値が悪く、腎臓の働きも少し悪いのでアロシト-ル1錠
追加となり、一日に12~14錠服用、しています。ここで、お尋ねします。
大分以前から、所々に 頭、身体に湿疹の様なピンク色になり痒いのです。皮膚科にも色々行きましたが、結局その場は効きますが、薬を付けたり治ったりの繰り返しが何年も続いています。
特に心配なのは、アロシト-ルを服用してから(まだ2週間)昨晩洗髪しましたら、多量に髪が抜け
ビックリし、用紙に目を通しましたら、副作用に脱毛とありました。甲状腺摘出後は段々薄くなり(皮膚科で以前尋ねましたら、摘出したので仕方ないと言われ)納得しましたが、これは器官がないので仕方ないのでしょうが、アロシト-ルに変わる脱毛の副作用の無い薬はないのでしょうか?ありましたら是非お知らせください。
又、頭部が痒いので養毛剤も付けられず、日増しに薄くなる髪を見るにつけ、幾つになりましても女性ですので悲しいです。最後にバイアスピリンについてです。まず、最近食欲がなく、数ヶ月で4キロ痩せました。身体もだるく鼻炎もひどくなり、耳も聞こえにくくなっています。年齢なので仕方ないと思いながら、でも、副作用にも書いてありました。当てはまるのでお聞きしてみました。
アロシト-ルとバイアスピリンを服用前は、痒いこと位で特に気になりませんでした。
沢山お尋ねし申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
もし、個人的に、お医者様と、ご相談機関がありましたら、詳しくお話しし、お伺いしたいと思います。

はじめまして。アロシトールによる副作用と考えられるとすれば、やはりすぐに服用を中止し、担当医と相談しましょう。アロシトール以外のお薬は他にも色々あります。バイアスピリンが胃部の違和感や食欲不振を呈する事はあります。ただ、鼻炎がひどくなたりするのは花粉症の影響などもあり、アレルギー薬で改善される可能性は十分にあります。また副鼻腔炎などを発症していると体がだるくなりますので、その影響もあるかもしれません。まずは耳鼻科にて鼻炎の治療をいただき、改善すれば少しはすっきりすると思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;返信ありがとうございます。
耳鼻科には行きましたが、いわゆる花粉症、アレルギ-性鼻炎なので、体質なので直しようがないと・・・どの先生もおっしゃいます。
そのアレルギ-が(鼻水)実際とても困ります。生活の質が下がります。今はザイザルを服用しています。
色々試しましたが、最初効いた薬が徐々に効き目が弱くなる気がします。耐性ができるのでしょうか?
アロシト-ルは、副作用に脱毛と謳っていないもの、名称お知らせいただきたいのですが、、、今日は半錠服用しました。髪も半分くらいに・・・
鬱になりそうです。
薬の件、先生にお尋ねしたくとも、不機嫌になりそうで、中々言い出せずにいます。
深夜にお尋ねしまして、申し訳ございませんが、明日にでも、ご返信して頂けましたら嬉しいです。

トピロリック錠と呼ばれるお薬は脱毛の記載はありませんね。ただ、尿酸値を下げるには食生活の改善でも効果がありますので、投薬の中止を行い食事指導などに切り替えるという事も考えられます。アレルギー性鼻炎の薬の耐性に関しましてはあまり聞いたことはありませんが、効果がないというよりは投薬量の調整などで対応できそうな印象もあります。

いずれにしても、薬の件で先生のご機嫌をうかがっている場合ではありません。少なくともそのような事で口出しをするような医師は決してよい医師とは言えません。

Dr.なかむらをはじめその他名の薬・調剤・漢方カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
Dr.なかむら 様
大変感謝しています。心が大分楽になりました。

薬・調剤・漢方 についての関連する質問