ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 15498
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

ブリーダーから猫を購入。引き渡しを待っている状況なのですが、 アシスタント:

ユーザー評価:

ブリーダーから猫を購入。引き渡しを待っている状況なのですが、
アシスタント: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
質問者様: ブリーダーから猫(3カ月オス)を購入。購入時は体調良好でした。引き渡しを待っている状況ですが、その間に駆虫が出来ていなかったということで駆虫を開始。その間に猫風邪をひいたり、結局駆虫が出来ておらず、再度駆虫をしている
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 駆虫で反応が出たのがクロストリジウムとジアルジアです(2回とも)。

経過の記載ありがとうございます。状況は把握致しました。

症状の記載のみでは回答が困難であるため、具体的な質問内容を記載いただいてもよろしいですか?

ご不明な点を疑問文で質問いただきますと、より的確に飼い主様の疑問にお答え可能です。

例)病院を受診した方がいいですか?

質問者: 返答済み 4 日 前.
22833;礼しました。途中で送ってしまいました。
聞きたいことは、この反応は一般的なものでこのまま引き渡しになっても問題ないものでしょうか?
知り合いから同じブリーダーさんの猫が比較的短命、引き渡し後に病気になりやすい等聞き心配になっております。

承知しました。

まず前提として、ペットショップやブリーダーのところでは寄生虫が蔓延していることが多いです。

病院でよく遭遇するのは、同じブリーダーのところから引き取ったペットは、同腹子でなくても毎回寄生虫がいるということもあるくらいです。

そのような場合、飼い主に渡す前に病気が見つかった場合は、先に治療をしてから渡すことは多いです。

そして短命かどうかですが、寄生虫=ジアルジアやクロストリジウムは薬で完治できるタイプの寄生虫のため、今回のことで起こりやすい病気や寿命に関わることはありません。

それ以外の先天的な病気や遺伝病を持っている猫を繁殖しているのであれば短命の可能性はあります。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12354;りがとうございます。そこで飼育している猫にFIPで死んでいる猫が多数いるらしいのですが、FIPは調べようがないものでしょうか?

FIPはコロナウイルスで、ほとんどの猫がこの腸コロナウイルスに感染しています。

そのためFIPになっていなくても検査をすると陽性になることから調べることはできません。

この腸コロナウイルスが多頭飼いなどストレスが加わるとFIPに変化するウイルスとなります。

質問者: 返答済み 4 日 前.
26368;後に一つだけ。ブリーダーさんに過去の予防接種、検査結果を写メして送って欲しいとお願いしているんですが、他の質問の返答が来ても写メが来ません。予防接種や検査結果って普通手元にありますよね?

獣医師が接種した時に、必ず証明書を発行しますので、手元にあるはずです。

またジアルジアやクロストリジウムも検便での結果なので、書面で外注検査をお渡しすることが多いです。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
12431;かりました。ありがとうございました。

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

ペット についての関連する質問