ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 15585
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

肥満細胞種で10センチ程の腫瘍が脇の下にあります。脇の下の腫瘍だけでなく、リンパへの転移もあり放射線治療と抗がん剤治療を

ユーザー評価:

肥満細胞種で10センチ程の腫瘍が脇の下にあります。脇の下の腫瘍だけでなく、リンパへの転移もあり放射線治療と抗がん剤治療を考えていますが、病院の空きが無い状態で今は待っている状態です。腫瘍部分から汁が出てきて出血もあり、血圧が下がっていた為、4日間入院していましたが今は一時退院してます。その際かかりつけの病院からは【抗生剤・抗炎症薬・抗ヒスタミン薬】の3種類を処方されました。自宅に帰って来てから室内温度を26度に保っているのですがパドリングする事が増えています。水を飲む量もかなり増えました。今までパドリングする事がほとんど無かった為、心配過ぎて夜も寝れない日々をおくっています、、、。どのような症状が出た時に病院にかからば良いのか分からず、深夜も寝ずに見守っている状態です。朝になりかかりつけの病院に電話で問い合わせると心配であればご来院下さいと言われるだけで病院に来院した方が良い基準が分かりません、、、。
アシスタント: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
質問者様: 今年の11月で16歳になります。かかりつけの病院で同じ肥満細胞種の手術を既に3回しています。今回は脇の下だった為気付くのが遅くなってしまいました…。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 病院に来院した方が良い症状や行動の目安などがあれば教えて頂きたいです。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師Annと申します。

よろしくお願いします。

では、まず緊急性が非常に高いか=今すぐ病院受診が必要な状態かご確認ください。

緊急性が高い(=すぐに病院での治療が必要)場合は、24時間排尿していない、今も嘔吐し続ける、てんかん発作(重責発作:発作中に発作、5分間隔での発作)、舌色が青・紫や白、安静時の1分間の呼吸回数が40回以上、歩けない、立てないなどの症状がある時です。

添付資料も参考になさってください。

上記がなければ様子を見て大丈夫です。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12371;の子の余命としてはどれぐらいなのでしょうか?放射線治療、抗がん剤治療をしても完治の見込みはあるのでしょうか?かかりつけの病院の先生からは経過を見ないと何とも言えないし放射線治療と抗がん剤治療をしない方向なのであれば先は長くないと思います。っと言われました。先が長く無いとはどれぐらいですか?と聞いたのですが、その子にもよるので何とも言えません。っと言われるだけで具体的な時期は教えてもらえませんでした。もちろん適当な事を言えないのではっきりした事言えないのだろうと言うのは分かってはいます。ですが飼い主としては最悪の場合を考えて心の準備をしておきたいってのが本心ではあります。放射線治療等をしても効果が無かった場合の目安の余命は分かりますでしょうか?また、効果がないと分かる基準などもあれば教えて欲しいです。

腫瘍の治療目的は完治ではなく、寛解という症状を出さないことになりますので、どの治療法も完治はできません、

転移しており、何も治療しないと1−3ヶ月程度のことが多いです。

肥満細胞種の場合は遺伝子検査でc-kit陽性であれば抗がん剤よりも安全で効果のある分子標的薬(イマチニブ、トセラニブ)が可能です。

現在リンパ節に転移しているのであれば放射線は局所療法で意味がありませんので、されるのであれば抗がん剤か分子標的薬となります。

効果があるかどうかは腫瘍細胞が同じ大きさか30%以上縮小した時になります。

これをSD,CR,PRと言います。臨床的有用率で判断することが多いので、かかりつけの先生と今のサイズを測定していくことをお勧めします。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問