ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 14425
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

Ann先生 先程の多飲多尿のサルーキのことで質問したものです。

ユーザー評価:

Ann先生
先程の多飲多尿のサルーキのことで質問したものです。
検査の内容から、何も投与せず調べられたコルチゾールの値であることがわかりました。
基準値0.6_5.0に対して9.18は高く、多飲多尿からしても副腎皮質しこうしんしょうと診断されるのがやはり普通ですか?
まだ3ヶ月と14日しか生きていない子でもありえますか?
心因的ストレスが原因で数値が変動することはありますか?これは動物病院のせんせいにもよると思うのですが、
これからのことを考えるとブリーダーに返したらと言われ、正直
よくわからなくなってきました。助けてください…

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

先ほどと重なりますが、理想的には、試験前の数時間は安静・絶食とし、水は自由に与え、午前中に検査することで、ACTH 投与前のコルチゾール値(基礎値)の信頼性を向上できます。

つまり食事もとり午後に検査をおこなっている検査をおこなっていることから9.18という値は信頼できない値なので、この値、また投与後の値を見ていない状態では全くクッシングと診断することはできません。

もしブリーダーに変えすとしても検査を正しくおこなってからでも遅くはありません。

朝一に行う理由として、

ストレスがない状態での正しい基礎値が得られるからです。

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

最後に、右上の星マークの所から回答の評価が可能ですので、お手数ですが宜しく御願い致します。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問