ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 12282
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

8歳の大型犬、後ろ足の十字靭帯部分断裂の診断を受けました。 アシスタント:

ユーザー評価:

8歳の大型犬、後ろ足の十字靭帯部分断裂の診断を受けました。
アシスタント: 了解しました。質問者様のわんちゃんの年齢と性別、可能であれば犬種を教えていただけますか?
質問者様: 8歳、オス、シベリアンハスキー です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 手術の前に、装具で固定して様子を見ることにしています。数日後にオーダーメイドの装具を注文しますが、完成まで日にちがかかります。質問者様: Chat is completed
質問者: 返答済み 12 日 前.
12465;ガしてから既に数日、家にこもりきりでかわいそうです。装具ができるまでの安全な過ごし方と、手術の必要性について知りたいです。
質問者: 返答済み 12 日 前.
12363;かりつけの先生からは、もちろん安静が必要で無理は禁物だがトイレなど室内で自分で動きたければそれはさせてよい、とのこと。
現状、室内トイレに行くときはお腹の下にバスタオルを入れて持ち上げるように支えつつ、痛い方の右足が地面に着かないように持ち上げて、前脚2本と後ろ足1本でゆっくりゆっくり室内移動させています。
質問者: 返答済み 12 日 前.
12391;もふと目を離したすきに自力で移動している時もあります。
日頃から薬に過敏ですぐ下痢してしまうので、現状、消炎剤や鎮痛剤は使用していません。移動困難な状況で下痢になってしまうとトイレが頻回になり本人にも負担なので…。
幸い食欲もあり、痛がる様子はいまのところありません。
質問者: 返答済み 12 日 前.
12392;いうか、ケガした時点から一度も痛がるそぶりがありません。診察時に動かしたり触ったりしても、特に反応しませんでした。
痛くないはずはないと思うのですが、無反応なのはなぜでしょうか。

承知しました。

片足でしょうか?

股関節は問題ないですか?

質問者: 返答済み 12 日 前.
21491;の後ろ足だけです。股関節は特に何も言われておりません。
質問者: 返答済み 12 日 前.
26222;段から特にお尻を振って歩くようなことはないですね。

わかりました。

大型犬だと股関節の病気による破行と誤診しやすいのですが問題ないのであれば大丈夫です。

前十字靭帯断裂は、現在のところ15キロ以上は手術の方が成績が良いとされています。

どこまでの運動機能を求めるかですが、運動機能を100%近い状態で回復させたい場合はTPLO、60%程度であればラテラルスーチャー、

装具や痛み止めなどの内科治療の場合は跛行が残ったまま治るため30%程度の回復率と言われております。

更にこの病気は2、3年以内に80%の確率で反対側も切れることが報告されているため、大型犬で両側切れると自分では全く歩けなくなるので、介護が必要になることが多いです

最後の質問ですが、この病気は大きな痛みはありません。

人で言うと常に膝カックンされている状態で、体重が上手くかけることができない構造的な問題です

質問者: 返答済み 12 日 前.
30171;みについてはそういうことなのですね。
予後は良くないとだけ聞いていたのですが、数値ではっきり示していただくとなかなかショッキングですね…。手術をして100%に近く回復できた場合でも、やはり数年以内の反対側の発症の確率は変わらないのでしょうか…

この靭帯は生まれた時から、よーいどんで悪くなります。

つまり、右が切れたら左も切れてもおかしくないレベルに、同じ進行で靭帯が傷んできます。

そのため手術をしても、反対側の切れる確率は下がりません

両側TPLOをやることも多いです

質問者: 返答済み 12 日 前.
12381;うなのですね…現状、日常ではそうなると両後ろ足を持ち上げて前足だけで移動させたほうがよいでしょうか。
少しでも悪化を防ぎたいです。

その体重で常に後ろ足を持ち上げるのはかなりの重労働です。

大型犬が多い海外ではこの病気で、両足が切れると安楽死することも珍しくありません。

悪化を防ぎたい場合は、最も効果があるのは手術になります

質問者: 返答済み 12 日 前.
25163;術を検討、実施するまでの間の生活において、です。
可能であれば、後脚を使わせない方がよいのであれば、多少の重労働はいとわないので…

段差やフローリングなどの滑りやすい床を避けて生活すれば手術までは大丈夫です。

もともと犬は前脚に体重の60%をかけていますので、後ろは比重がひくいです。

手術をされるのであれば、生活上は上記を気をつければ大丈夫です。

内科治療の場合は膝を安定化させるには3ヶ月は必要なので、その期間はご指摘のようにしてあげてください

質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございます、手術については病院を含め慎重に検討いたします。さしあたっての日常生活で他に何かアドバイスがあればよろしくお願いいたします。

それ以外はありません。

段差と滑らない床を避ける角が最も効果的な環境の改善になります。

フローリングや、階段、ジャンプなどは切れやすくなる原因です。

質問者: 返答済み 12 日 前.
35443;しくご丁寧な回答、本当にありがとうございました。
本犬のために最良の選択をしたいと思います。

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

最後に、右上の星マークの所から回答の評価が可能ですので、お手数ですが宜しく御願い致します。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございました‍♀️

ペット についての関連する質問