ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 11070
経験:  現在1.5次病院にて全ての外科を担当。整形外科、神経外科を専門とし、2017年には獣医学会アワードを受賞。
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

今年の5月に口の中の上顎に癌を発見しました。手術となると上顎から鼻から切除になり、それでも余命は一年未満と言われ手術はし

ユーザー評価:

今年の5月に口の中の上顎に癌を発見しました。手術となると上顎から鼻から切除になり、それでも余命は一年未満と言われ手術はしませんでした。癌の部分のみをレーザーで撮っていました。 3回目の手術の時に血圧低下を二回起こし次の手術は持たないと言われました。
アシスタント: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
質問者様: 推定9歳。30kg。女の子です。プロットハウンドの保護犬です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 口の中の側はかなり大きくなり、鼻呼吸はできません。口呼吸。大きくなりすぎて時々大量出血します。今の病院では安楽死を勧められてるのですが、首から下はとっても元気なんです。安楽死させるくらいなら手術に挑戦しようかと悩んでいます。手術はやはり耐え切れないでしょうか

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師Annと申します。

よろしくお願いします。

なお、回答者は、現役臨床獣医師のため、動物病院での診察業務の間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

鼻の腫瘍の種類はわかりますか?

質問者: 返答済み 4 日 前.
12513;ラノーマ
口腔悪性黒色腫と聞いてます

承知しました。

リンパ節や肺に転移はしていますか?

質問者: 返答済み 4 日 前.
39318;の転移は、10円玉くらいの大きさらしいです
質問者: 返答済み 4 日 前.
32954;にはまだありません

わかりました。

肺に転移がなければ、後は血液検査で異常がなければ手術は可能です。

事前にどれくらいの範囲を切除したらいいかの範囲の決定にCT検査をすることが多いです。

質問者: 返答済み 4 日 前.
21069;回の手術で、手術中に二回血圧低下を起こしてます。手術に耐えられるでしょうか

起きている時の血圧や心臓の検査することでリスクコントロールは可能です、

血圧低下自体は術中であればあげる注射はよく使います。

麻酔のリスクは血圧低下だけではありませんので、手術をするリスクも、手術をしないデメリットもあります。

質問者: 返答済み 4 日 前.
25163;術をしないでこのままいると、呼吸ができなくなる、ご飯が食べれなくなるといったような、苦しくて死ぬみたいなことになりますやね。手術をしたほうがいいですかね。
麻酔のリスクだ命が尽きても。、。

麻酔のリスクは上記の様にある程度事前の検査でコントロールが可能です。

しかし、腫瘍はコントロールが難しいです。

そして上記の検査で問題ない場合、麻酔リスクは0.01%と言われております。

この確率を高いと見るか低いと見るかは人によって異なりますが、手術をしない場合は呼吸が苦しくなりますので、酸素テントや携帯酸素缶などが内科治療になることが多いです。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12354;りがとうございました。
少し心臓肥大がありますが、手術に望みをかけてみたいと思います。

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

最後に、右上の星マークの所から回答の評価が可能ですので、お手数ですが宜しく御願い致します。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問