ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 7841
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

10歳の猫がいるのですが、今日気づいた時には動けなくなっていました。口を開けて荒く息無理に動くと左脚を引き摺ります。

ユーザー評価:

10歳の猫がいるのですが、今日気づいた時には動けなくなっていました。口を開けて荒く息無理に動くと左脚を引き摺ります。
アシスタント: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
質問者様: 10歳で男の子、アメリカンショートヘアです。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: いえ、ありません

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師Annです。よろしくお願いします。

なお、回答者は、現役臨床獣医師のため、動物病院での診察業務の間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

経過の記載ありがとうございます。状況は把握致しました。

ご質問内容を伺ってもよろしいですか?

疑問文で質問いただきますと、より的確に飼い主様の疑問にお答え可能です。

例)治療費の相場はいくらですか?今すぐ病院を受診した方がいいですか?原因はなんでしょうか?

質問者: 返答済み 13 日 前.
21407;因は何が考えられますか?
今日はいくつか探しましたが、病院が空いていなくて連れて行けないので、家での看病になりますが、何か注意することありますか?

承知しました。

今日気付いたとのことですが、先ほど気付いたということでしょうか?

質問者: 返答済み 13 日 前.
12381;うです

動けないというのは、前足も後ろ足も動かない状態でしょうか?

今日の午前中は歩いていたということですね。

質問者: 返答済み 13 日 前.
24038;の後ろ足を引き摺るように動きます。
質問者: 返答済み 13 日 前.
20170;日の午前中動けていたかはハッキリと確認していません。様子がおかしいと気づいたのが午後です。

であれば原因は2つです。

一つは血栓により足が麻痺する場合、もう一つは椎間板ヘルニアや馬尾症候群のような神経の問題で麻痺する場合です。

呼吸が荒いことを考えると血栓の可能性が高いです。

自宅では酸素テントや、登山用の携帯酸素缶を吸わせてあげると楽になります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
34880;栓の場合、緊急性は高いですか?

緊急性は高いです。

麻痺が後遺症で残る可能性もありますが、病院がないのであれば、方法がないので明日朝イチで受診してあげてください。

質問者: 返答済み 13 日 前.
20998;かりました。ありがとうございます。

心臓の超音波検査と、血栓を超音波で確認、神経学的検査で神経に異常がないかを見てあげてください。

質問者: 返答済み 13 日 前.
27835;療費の相場はどれくらいでしょうか?

治療費は難しいですね、どういう病気かで変わります。

つまり血栓ができる場合は心臓病が隠れていることが多いので、まず血栓を溶かしてそのご心臓の薬を飲み続けます。血栓を溶かすだけであれば5−6万円前後。

神経の病気であれば手術が一番治る確率が高いので、おおよそ20−30万円、

だと思われます。

ご質問内容に返信致しましたが、ご確認いただいておりますでしょうか。

念のため再送いたしますので、再度ご確認をお願いできますと幸いです。

不備・ご不明点がありましたらお伝えください。

お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

Dr Annをはじめその他2 名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記urlより文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

ペット についての関連する質問