ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 9855
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに ペット に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

15 アシスタント: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか? 質問者様:

ユーザー評価:

15
アシスタント: 了解しました。質問者様のペットの年齢と性別、既往歴があればそれを教えていただけますか?
質問者様: 15才7か月のトイプードル(オス去勢済み) 僧帽弁閉鎖不全で服薬中 会陰ヘルニアの手術をしたが再発している 6/7よりご飯を食べなくなり翌日診察を受けたところ、会陰ヘルニアに膀胱反転が見られるとのこと 簡易的なカテーテル?を入れてオシッコを出す処置をしてもらう(現在も縫いつけられている状態) 手術を勧められたが、心臓の状態や年齢を考えると躊躇している
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: バルーンを入れる方法もあると聞いたが、どうなのか? 犬が一番苦しまない方法はどれか?

初めまして質問ありがとうございます。

膀胱がヘルニアに入ると、排尿が出来なくて亡くなります。

腎不全や痛みで亡くなるので悲惨です。

判断としては難しい所ですが、通常は手術しないと

バルーンを入れても、駄目になる感染をするなどが生じます

手術を勧めるのはなんとかなると、担当医が踏んだからだと思いますし

私もそう思います

wantaroをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問