ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 5962
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

愛犬のことで相談です。 長文になりますが目を通して頂けると大変嬉しいです。

質問者の質問

愛犬のことで相談です。 長文になりますが目を通して頂けると大変嬉しいです。 現在独身時代から飼っているシーズー(♀3歳)6kgとシーズーとポメラニアンのmix犬(♂2歳)8kgがいます。
私は現在、結婚して妊娠中なのですが、犬の仲が元々あまりよろしくなく、♂犬の方は人見知りもせず他の犬とも仲良くでき、誰に対しても直ぐにお腹を見せるなど、とても人懐っこい子です。
対して♀犬は一人が好きなようで猫みたいな性格で♂犬に構われるのを嫌がります。
♂犬を実家にいる時は、私がフルで長時間働いていたこともあり、2畳ほどのケージに入れて♀犬は部屋をフリーにしていましたが、結婚を機に引越し、お留守番と寝る時以外は♂犬もフリーにしています。
が、♂犬が♀犬にちょっかいばかりかけて喧嘩ばかりしてしまい、♀犬は手を暇さえあれば真っ赤になるまで舐めたり、胃液を吐くなどが増えました。(最初は餌が足りてないと思い増やしたのですが、ダメでした)
また♂犬が♀犬の近くに来ただけで♀犬は唸ったり吠えたりしてしまいます。
本日予防接種の為病院に連れていき相談したところ恐らくストレスだろうとのことでした。
また♂犬も多飲多尿(子犬の頃からのような気もしますが、目につくようになったのは結婚してフリーになってから)で一応来月尿検査をする予定ですが、異常がなければ環境の変化などのストレスだろうとのことで、♀犬と♂犬の部屋を別けるよう言われたのですが、賃貸アパートで部屋が狭くそれができそうにありません。
その事を説明すると♂犬をケージに入れる時間を増やすことを提案されたのですが、せっかくフリーになったのにまたケージに入れる時間を増やすのは可哀想だなと思ってしまって…
(ケージのサイズが狭くなり、今は1畳ないサイズ)
そろそろ赤ちゃんが産まれるので、犬同士が喧嘩をするのを止めさせたいのですが、先生曰くその年月をかけて無理だったのなら相性の問題だから無理だろう。
うちの犬は喧嘩する時周りが見えなくなり人を踏んずけたりしてしまうので、赤ちゃんを守れるのは親だけだからと言われてしまいました。
また、しつけ教室に通っても、仲良くはならないし、成犬を再教育するのはプロでもとても大変なことであまりオススメはしないと言われてしまいました。
ちなみに最近2週間ほど姉の家に泊まって居たのですが、その時は実母が色々な所に犬と遊びに連れて行ってくれて、また♀犬は母親が大好きなのであまり手を舐めることも無く、♂犬もそこまでトイレの回数があった訳でもなく飲む水の量も少なかったような気がします。(私の気のせいかもしれないですが)
実家にどちらかを預けようかとも思ったのですが、実家は賃貸でペットを飼えず、姉の家にも猫ちゃんが居て猫ちゃんのストレスになってしまいそうで、どうしようかと頭を抱えています。
アドバイスいただけましたら大変嬉しいです。
よろしくお願い致します。
ちなみに2匹は飼育してから2年と半年経ってます。
JA: 了解しました。質問者様のわんちゃんですが、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: ♀犬シーズーは特になく オス犬mix犬は多飲多尿で検査待ちです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 上記が全てです。
投稿: 22 日 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Dr Ann 返答済み 22 日 前.

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

専門家:  Dr Ann 返答済み 22 日 前.

下記のような薬を使うのはいかがでしょうか?

クロミカルム(Clomicalm)5mg

https://oneclck.net/contents/ard.php?id=UP016382&adwares=up011088

クロミカルムは犬の分離不安症のお薬です。有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

ペット についての関連する質問