ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 3850
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

先日はありがとうございました。 レントゲンを撮ってもらい、診察してもらいました。

ユーザー評価:

先日はありがとうございました。
レントゲンを撮ってもらい、診察してもらいました。
靭帯損傷で、後ろ足の踏ん張る力が他の子より弱いようで、成長すると歩くのが困難になるのがゼロではないためペットショップとしては販売が出来ないそうです。
今もう一度獣医さんに本当に販売ができない状態なのか確認してもらっているところです。
靭帯損傷で、成長過程でどの程度のリスクがあるのか教えていただきたいです。
できたら多少の何か不自由があっても受け入れてあげたい気持ちがあるのですが、心構えとして教えていただきたいです。

おはようございます。

骨の形成不全ではなかったということであれば、手術で改善する可能性はあります。

本当の靭帯損傷だけであれば手術で靭帯再建術は可能です。

そして今後起こりうることですが、前回お話ししたように主な体重をかけるところは真ん中の第3.4指です。全く歩けなくなるという可能性は低いと考えられます。

写真は肘ですが、脱臼している=靭帯損傷の手術前と手術後です。

写真

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;丁寧にありがとうございました!
今日さらにペットショップの方とやりとりをしました。
足の切断もするかもしれない、私たちの負担があまりにも大きく、それを承知としてもお店側としてはもう売れないと言われました。
今回はワンチャンから色々なことを教えてもらった気がします。
その子も足のことを今回のことがなければ気づいてもらえなかったし、早めに治療してもらえるようですしその子が早く治療してもらえて元気にしててくれることを願って、また新しい子と出会えたらと思います。
色々不安でしたので、先生が色々教えてくださってとても救われました。
ありがとうございました。
また何かありましたらよろしくお願い致します。

お役に立てたようで幸いです。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記より文頭に「Ann」と記載してご質問いただきますと、

今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

最後に、質問終了の為、右上の星マークの所から評価が可能ですので、飼い主様へのサービス向上のために、お手数ですが宜しく御願い致します。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問