ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 3191
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

恐れ入ります。5歳トイプードル、めすですが、ミックスナッツを食べてしまった様子です。アーモンド、ピーナッツ、くるみ、カシ

ユーザー評価:

恐れ入ります。5歳トイプードル、めすですが、ミックスナッツを食べてしまった様子です。アーモンド、ピーナッツ、くるみ、カシューナッツ、マカダミアナッツでどれが入っていたかわかりません。多くても2、3粒だと思いますがすぐに何らかの処置が必要でしょうか。近くに緊急病院もなく困っています。
JA: 了解しました。質問者様のわんちゃんですが、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: 特にありません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特にないと思います。食べて40分くらいです。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

犬の体重はわかりますか?

質問者: 返答済み 11 日 前.
5kgです。

体重1 kg当たり0.7 gのマカダミアナッツを食べて、中毒症状が出た例が報告されています。

※中ぐらいのマカダミアナッツ1粒は2.0 gほど、大粒では1粒2.3~2.5 gほど

ただ、中毒症状を引き起こす目安となる量は分かっていません。

毒性のメカニズムは知られていませんが、ナッツの成分や加工過程での汚染物質、マイコトキシンなどが関与している可能性があります。

多く見られる症状が、嘔吐や下痢、発熱です。

また、痙攣やひきつけを起こしたり、ぐったりして無気力になったりというのもよくある症状です。

このような症状は、ナッツの摂取後12時間以内に起こることが多く、重度の場合は腎不全を引き起こします。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございます。食べたとしてもマカダミアナッツは1g程度と思われます。すぐに何らかの処置は必要でしょうか。マカダミア以外は大丈夫でしょうか。

全てナッツ系ですので、同じと考えていただいて大丈夫です。

犬がマカダミアナッツを食べてしまった場合、食べて数時間後に中毒症状を起こし、重度の中毒になると死亡してしまうこともあります。

ナッツ類のなかではマカダミアナッツが一番危険といわれていますが、他のナッツもあげていいわけではありません。

基本的にナッツ類は高カロリーで油分が多く、消化不良を起こしやすい食べものです。

犬がナッツ類を食べると、場合によっては中毒を起こし、様々な症状が出ることがあります。

一番理想は病院で催吐処置といってナッツ類を吐かせることですが、お近くにないとのことですので、下記にが自宅でできることになります。

応急処置として、牛乳など飲みたがるものをできるだけ飲ませて、ヒト用のビタミンC(薬局で売っている錠剤)をビタミンCで1グラム分飲ませてください。

ビタミンCは肝臓の解毒作用を助けるためです。もし、明日まで何も起きなければ大丈夫です。

また、お腹が減っていないかもしれませんが、何か食べさせてください。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございます。何か食べさせたほうが良いのですね。ビタミンCは錠剤をそのまま食べさせて良いのでしょうか。

そのままで大丈夫です。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございました。ビタミンCとフード、水をあげて様子見てみます。獣医さんと話ができなかったので本当に助かりました。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記よりご質問いただきますと、今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

ペット についての関連する質問