ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 3257
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

突然ですいません。柴犬15歳の雄で体重は13キロです。11月8日から右足首に力が入らず、地面に着けません。どうも揺らして

ユーザー評価:

突然ですいません。柴犬15歳の雄で体重は13キロです。11月8日から右足首に力が入らず、地面に着けません。どうも揺らしてみますとブラブラしています。近くの獣医に診て貰いましたがレントゲンでは骨のひびや骨折も無く、痛み止めで様子を観察して下さいとのことでした。しかし日にちが増すにつれ、益々痛いようで、横になっているばかりです。時々震えもあります。暖房は勿論着けています。このままですと左前足に負担がありそうで、気になるばかりです。因みに獣医さんはレントゲンでは筋や筋肉までレントゲンでは診断出来ませんと言われました。前にも右後足の靭帯を切り要約散歩も出来るようになり、喜んでいたのですが。
JA: 了解しました。質問者様のわんちゃんですが、既往歴があればそれを教えていただけますか?
Customer: 既往歴に付きましては以下の通りです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今のところ特にはありません。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

整形外科専門の獣医師です。

高齢であることを考えると、骨や軟部組織の腫瘍、前十字靭帯の断裂が考えられます。

関節のレントゲンではなく超音波検査、もしくは整形外科が有名な病院の受診をお勧めします。

レントゲン検査よりも、触診の整形外科学的検査をしていただいた方がいいと思われます。

質問者: 返答済み 19 日 前.
12372;回答ありがとうございます。今飲んでいる薬を一応お知らせします。スパカールを1日2回とアンチノールを1日1回飲んでいます。痛み止めの薬はオンシオールを1日1回飲んでいます。
トイレは外で行うので、1日2回散歩に行きますがなるべく歩かせない方が良いのでしょか?便をするまで歩かせるのは、どうなのか、不安になりながら、歩かせています。

今の足の状態の場合は、安静にしてあげて下さい。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

レントゲンで映らない病気、特に専門の獣医師でないと見つけづらいのは、関節の中の腫瘍:滑膜肉腫、組織球腫、また骨の腫瘍:軟骨肉腫、骨肉腫などです。

さらに、靭帯損傷や後ろ足であればアキレス腱の脱臼も考えられます。

些細なことでも構いませんので、何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

次回またご質問がございましたら、下記よりご質問いただきますと、今回の相談内容を引き継いだ、継続した相談が可能となります。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

お大事になさってください。

最後に、質問終了の為、右上の星マークの所から評価が可能ですので、飼い主様へのサービス向上のために、お手数ですが宜しく御願い致します。

ペット についての関連する質問