ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 2772
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

やれる事は何もない、と言われている愛猫についてアドバイス下さい。

ユーザー評価:

やれる事は何もない、と言われている愛猫についてアドバイス下さい。
JA: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
Customer: 保護猫なので年齢不詳ですが10歳は軽く超えている雄猫で、長毛種です。保護時からエイズ陽性、貧血、脱水などあり、2018年10月末の時点で年内持つかどうか…と言われてもうすぐ2年になります。その間、腸重積で2回手術を受け、生き延びました。先月、ht 9、今週ht 4、hb 1という状態でステロイドを処方され現在も自力で食べて飲んで排泄しています。歩いて移動し、30cmくらいの高さのビーチチェアに上って寝ています。ただ、脱水がキツいようで、家の中に10箇所以上水を置いていますが、代わる代わる少しづつ飲んでおり、トイレの中やお風呂場にも入ってきて水を飲みたがります。それぞれの場所に器を持って行き、新しい水をあげると少しづつ飲んでいます。吸収されてないので?欲しがり続けるのだと思いますが、やはり輸液は無理なのでしょうか?
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 現時点でも、歩いている事自体奇跡と言われてますが、呼吸が荒いわけでもなく、吐くわけでもないのでかなり弱ってはいますが生きようとする意欲がすごくて、少しでも延命のためではなく、楽な状態を作ってあげられたらと思う次第です。脱水で苦しむか、貧血で苦しむか…なのでしょうが、命が尽きるまで支えていけることがないかと考えています。一度、輸血もしましたが、供血猫がおらず、今は厳しい状態です。

心中お察しします。 ご質問ありがとうございます。 回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。 後ほど回答しますので少々お待ちください。 なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください

質問者: 返答済み 12 日 前.
12362;忙しい中ありがとうございます。よろしくお願いします。

まずお水ですが、ステロイドの副作用で多飲多尿が出ますのでそちらだと思われます。

今の貧血の値ですと、輸液をすることでさらに悪化する可能性が高いです。

たくな状態を作るのに一番お勧めなのはレンタルの酸素テントです。

今は貧血ですので効率よく酸素を吸収することができません。

いわゆる酸欠状態ですので、レンタルの酸素テントや登山用の携帯酸素缶を吸わせてあげることで非常に楽になります。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございます
早速、レンタル致します
何か一つでもやってあげる事が残っていると思うと救われます。
助かりました。

酸素テントは緊急性が高い状態の子が借りることがほとんどですので、ほとんどがその日中に持ってきてくれます。

ペット についての関連する質問