JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr Annに今すぐ質問する
Dr Ann
Dr Ann, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1731
経験:  小動物臨床獣医師7年目
108311300
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Dr Annがオンラインで質問受付中

飼っている2歳の猫が、尿路結石により腎不全をおこし食欲不振、元気ない、口臭がある、脱水、貧血の症状が出ています。また片方

ユーザー評価:

飼っている2歳の猫が、尿路結石により腎不全をおこし食欲不振、元気ない、口臭がある、脱水、貧血の症状が出ています。また片方の腎臓が機能不全で、機能している方が尿路結石により水腎症をおこし、bun200、クレアチニン11.3という末期の値です。 獣医さんの話では、尿路結石を取り除く手術をすれば、
JA: 了解しました。質問者様の猫ちゃんの年齢と性別、可能であれば猫種を教えていただけますか?
Customer: 値も多少良くなり、慢性腎不全くらいにおさまると言ってくれています。 アメリカンショートヘア、2歳半、オスです
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 結石をとる手術をしても一度損害を受けた腎臓は戻らないので、ステージ4の末期の腎不全になるのでしょうか?末期の腎不全だとどのくらい生きられるのでしょうか?具体的な治療を教えて欲しいのと、手術を受けずにもう家で看取る方がいいのかわかりません。

心中お察しします。

ご質問ありがとうございます。

回答を担当致します獣医師です。よろしくお願いします。

後ほど回答しますので少々お待ちください。

なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

こちらをご覧ください。

こちらはクレアチニンで分類されたグレードです。

確かにこれは慢性腎臓病においてはクレアチニン11はステージ4ですが、今回の様な急性腎不全では当てはまりませんのでご安心ください。

急性腎不全の倍の治療目標は、ご指摘の通り傷ついてしまった腎臓の昨日は戻りませんが、そのダメージを少しでも和らげ、軽いステージに持って行くことが治療の目的になります。

ですので、手術をできるだけ早くして、腎臓への負担を和らげることで、この表の軽いステージに持って行くことは可能です。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12372;返信ありがとうございます。
手術をして、腎臓の値が今の半分くらい下がったとしたら、どのような治療が始まりますか?
また80%保険適用した場合の月の治療金額を平均でいいので、教えて頂きたいです。

腎臓の治療は皮下点滴、静脈点滴、腎臓食、ラプロス、セミントラ、クレメジンなどの内服薬の治療を組み合わせることになります。

治療費は、腎臓がどこまで治療が必要になるか(皮下点滴、静脈点滴、腎臓食、ラプロス、セミントラなどの内服薬)でかなり幅がありますので、お答えできません。申し訳ありません。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12473;テージ4の場合、もういつでもどうなるか分からない状態でしょうか?

いえ、手術してもステージ4にしか腎機能を戻せなかった場合でも、点滴などの治療をすることで、3ヶ月から6ヶ月の平均生存期間は期待できます。

質問者: 返答済み 4 日 前.
3ヶ月か6ヶ月の余命だとしても、手術はしたほうがいいのでしょうか?

手術しなければ腎臓の負荷がさらにかかることになり、もっと短い可能性もあります。

また、早期に手術し腎臓の負荷をとってあげることでステージ4よりも軽い状態に戻してあげることはできます。

Dr Annをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
12354;りがとうございます。
手術する決心がつきました。

はい。

今は急背腎不全ですので、いわゆる一般的なステージングは当てはまりいません。

しなければ100%悪くなりますが、腎臓を良くするためには手術で石をとってあげるにかけるしかありません。

もちろん100%良くなる保証はないので、積極的に手術をすることが飼い主様にとってベストかどうかはそれぞれのメリット、デメリットを比べてhん段していただければ、どちらの治療法でも問題ありません。

何かご不明な点がございましたら、いつでもご質問ください。

お大事になさってください。

次回またご質問がございましたら、その際はぜひ私を指名していただければ幸いです。

下記より、ご質問いただきますと、私が対応させていただきます。

https://www.justanswer.jp/pets/expert-dr-kai/?rpt=3800

この度はご質問いただきありがとうございました。

ペット についての関連する質問