JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
keikoに今すぐ質問する
keiko
keiko, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 52
経験:  動物病院勤務
104712145
ここに ペット に関する質問を入力してください。
keikoがオンラインで質問受付中

はじめまして。

質問者の質問

はじめまして。
JA: こちらこそ、初めまして。どういった事でお困りですか?
Customer: 今日飼い猫がFIPと診断されたのですが、新薬がでたとゆう事をネットで拝見したので、新薬の話をききたかったのですが、こちらで大丈夫ですか?
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: とりあえずは新薬の話だけで大丈夫です。
投稿: 10 日 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  keiko 返答済み 9 日 前.
こんにちは。
加藤と申します。よろしくお願い致します。
またご連絡が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。愛猫さんがFIPと診断されたのですね。
それはとてもご心痛のことと思います。FIPはご存知かと思いますが根治させることが難しい病気で、オーナー様や猫さんにとってだけでなく、獣医師にとっても辛い部分がとてもあります。
基本的には炎症がメインの病気ですので、ステロイド剤を使った治療が基本的は行われます。
オーナー様のおっしゃっている新薬というのは、アトピカというものでしょうか?
少し前からステロイドではなく、アトピカがFIPには効くのではないかといくつか報告や研究がされています。
これは免疫抑制剤の一つでアトピーなどの皮膚疾患で使われるお薬です。
報告の中には、FIPであっても何年も維持されている子も報告として上がっています。
ただみんなに効くわけではなく必ずしもアトピカを使ったから根治するというものではないようです。
またFIPはドライタイプとウエットタイプがあるので、そのタイプによっても効きやすかったりなど意見や報告が色々とあります。
もちろん選択肢の一つとして使っていただくのはいいかと思います。
またこれはまだ研究の段階ですので実用は難しいかと思いますが、効くかもしれないと思われているお薬があります。
こちらは子猫でかつドライタイプにしか効かず副作用も結構あるとの報告を最近拝見しました。なので今すぐの臨床的に使用することはやや難しいと思います。
他にもいくつかのお薬が効くのではないかと報告や研究が進められていますが、正直どれも実用的にというのはまだ難しい印象があります。
もしかしたらオーナー様が拝見されたものはアトピカではなく研究段階のものかもしれませんが、もし使用されるにしても少なくとも日本では承認をうけていないお薬かと思いますし、取り寄せるにしても海外から、そしてそれを病院さんが使用してくれるのか、安全性の面などを考えるとできないわけではないのかもしれませんがお時間や費用などいろんな面で大変なことも多いのかなと思います。
FIPはゆっくり進行していく病気ではありませんので、時間はとても大切です。
お答えになっているかはわからないですが、ホームドクターさんとよくご相談してみてください。

ペット についての関連する質問