JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
keikoに今すぐ質問する
keiko
keiko, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 48
経験:  動物病院勤務
104712145
ここに ペット に関する質問を入力してください。
keikoがオンラインで質問受付中

トイプードルですが、網膜剥離と診断されすぐに手術(レーザーではない)を行いました。手術後一週間経ってもまだ見えないようで

ユーザー評価:

トイプードルですが、網膜剥離と診断されすぐに手術(レーザーではない)を行いました。手術後一週間経ってもまだ見えないようです。元々右目が剥離していて気づかず最近物にぶつかるようになって初めて医者に行ったら左目も見えていないのではとのことで、目の検査が充実している医者を紹介され、前述のような診断に至りました。手術前は左目は新しく剥離したので比較的回復しやすいので左目の手術をしましょうといわれ受け入れました。7割の確率で回復するとのことで決心しましたが、手術後一部を張り付けたので数日で見えるようになるかと言われましたが、退院した現在でも全く見えてないようです。その後右目の方が回復するのでは?とか、このまま左目は見えるようになるかわからないとか言い始め、徐々に医師の見解が変わり始めてます。40万円もの支払いも済んでいるなかこのまま医師の言うとおりにすべきか悩んでいる次第です。そもそもこのまま見えないままなのか?手術後一週間ではまだ回復の可能性は残されているのか知りたいです。宜しくお願いします。
おはようございます。
加藤と申します。
よろしくお願いいたします。
またご返信が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
愛犬さんの体調はいかがですか?
私自身目の専門ではありませんので、一般的なことしか言えないかもしれませんが少しでもお役にたてればとおもいます。
まず、網膜剥離はいろんな原因でおこります。
病気がひそんでいることもあるので、もし体調などにも変化があるようでしたら全身的な検査もご検討いただいたほうがいいいかと思います。
網膜はくりが一部だけであれば、手術によって視力が回復することは可能ではあるようです。
が、全体的に剥がれている場合は視力の回復は残念ながら難しいことが多いようなので、まず愛犬さんの網膜剥離が一部だけだったのか全体的に剥がれているのかのご説明はございましたか?
もし一部だけであれば、そして先生がおっしゃる通り剥離されてから早期の段階で手術をされているのであれば視覚は戻ってくる可能性はあるかとおもいます。
報告されているものでは、若干意訳ではありますが、網膜剥離の原因にもよりますが裂孔性(わんちゃんではこのかたちのものが多いです)のものであれば、8割程度は視力が回復して、そのうちの半分は約2週間ほどで回復したという報告があります。(手術の手技は行われたものと違いはあるかもしれません)
ただ2ヶ月かかって回復してくることもあるようなので、個体差は十分あるかと思います。
なので、もう少しお時間をおいていただいてもいいかなという印象はありますが、もし2週間以上たっても視力が戻らない、あとは先生に少し納得されていないようであれば一度他の眼科に強い先生にセカンドオピニオンを求められるのも一つだと思います。
信頼関係は大切です。
手術をされて愛犬さんにもオーナーさまにも少なからずご負担はあったと思いますので、納得されるまでしっかりおはなしをお聞きしたほうがいいのかなと思います。
質問者: 返答済み 9 日 前.
22238;答ありがとうございました。そこでお医者さんからは1ヶ月程で回復する犬もいるのでまだ様子見とは言われましたが、右目の方が新しいかも知らないので早めの手術を考えて下さいと言われましたが、何を待って右目の手術を判断するのか?左目の回復まで待てないのか?非常に判断に迷います。このようなとき何を優先的に考えて判断をするべきかアドバイスをお願いできればと思います。
ご心配のなかご連絡いただきありがとうございました。
右目のほうが先に剥離をおこしてしまったけれど左目の手術を先に勧められ手術され、その後にやはり右目のほうが新しいから手術をと勧められている状況ですね。
目の専門ではありませんので、一般的なご回答になってしまうかもしれませんが、剥離が早期なのか時間がたっているのかその判断は多分検査では正直わからないと思います。
網膜剥離は時間の勝負でもありますので、早期発見すればするほど回復の可能性も高まります。
もし片目だけ剥離をおこしてしまった場合、両目でなる可能性が高いので片目も予防的に手術をおこなうことはありますのでそれであれば納得できますが今回はちょっと違いそうですね。
前回も書きましたが、右目が一部だけの剥離であれば手術で回復する見込みはゼロではありません。が剥離をいつしたのかわかりませんので、もし剥離してから時間がたっていればたっているほど手術をあしても視力回復は難しくなってくる可能性があります。
そして剥離が全体的に及ぶようであれば視力の回復は手術を行っても難しいです。
なので、まずは右目の剥離の状態がどのような状態なのかを先生からお話されていないようであれば詳しくお聞きしてもいいのかなと思います。
剥離が全体的におよぶのか一部だけなのか、裂孔性という状態なのか炎症性など他の原因があるのか、そのあたりを中心に聞いてみてください。
決断をするのはとても難しいことだと思います。
何が正しいのか私自身わからないことも多くあります。
特に最初と言っていることが変わってきたりするとよくわからなくなってしまいますよね。
手術は金銭的にも愛犬さんへの負担の面でもけっして楽ではないと思います。
手術をしないことで痛みがともなったりといったことは基本的には高血圧などが原因でなければありませんので、愛犬さんが苦しい思いをすることはないかと思います。
目が見えていなくとも普通通りの生活を送るわんちゃんもいっぱいいますし、もしかしたら左目が回復してくれる可能性もあります。
なのでまずは先生に上記で記載したあたりの点をお聞きしてみて、あきらかに時間がたっていたり全体的に剥離していたりするようであれば、手術を行わないという選択肢も一つだと思います。
質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございます。先生ともっと納得いくまで話して判断したいと思います。可能性が有る限り何とか見えるようにして上げたいです。そのための覚悟をしたいと思います。
なかなか難しい判断ではありますよね。
私も同じ立場であればとても悩むと思います。
特に色々と見解が変わってきているようであれば、余計に混乱するでしょうしより悩んでしまいます。
なので、どうか納得されるまでお話はしてくださいね。
手術は信頼のうえになりたっていますので、どこか不安があったり疑問があったりするときは無理に決断しないほうがいいのかなと。
少しでもお役にたてればいいのですが。
お力になれることがあればいつでもご連絡いただければと思います。
大変な時期ではありますが、愛犬さんのご回復を願っております。
keikoをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問