JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ketama0616に今すぐ質問する
ketama0616
ketama0616, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 784
経験:  獣医師 動物病院
101937054
ここに ペット に関する質問を入力してください。
ketama0616がオンラインで質問受付中

トイプードル6歳、血液と尿検査で糖尿病と診断されました,

ユーザー評価:

トイプードル6歳、血液と尿検査で糖尿病と診断されました
JA: ありがとうございます。上記の他に、獣医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: インスリン注射での治療方針となりましたが、他の治療方法はないのでしょうか?

こんばんは。質問ありがとうございます。

犬の糖尿病ですが、確定診断された場合は、治療が必要となります。

人間では血糖降下剤を用いることもありますが、

犬ではインスリンが作られなくなっている型の糖尿病(1型糖尿病)がほとんどなので、

インスリンの注射による補充が必要となります。

他には補助療法として食事療法も行いますが、

食事だけとか、飲み薬でという選択肢は、ありません。

質問者: 返答済み 20 日 前.
12381;れでは、どこに行っても同じ結果ですね?
注射をうつのがとても不安です、注意する事はありますか?

おそらく、ほとんどのところは治療方針は変わらないと思います。

注射については、渡していきなり打つのは無理ですから、

連日動物病院に通って、

体に害のない生理食塩水の注射などで、うつ練習をしてもらいます。

ほとんどの場合、背中の首から肩甲骨のあたりに注射します。

気をつけるのは、皮膚をつまんで注射スペースをきちんと作って、

注射を外さずに打つことです。

ほとんどの人はできるようになりますから、大丈夫ですよ。

ketama0616をはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 20 日 前.
21442;考になりました、なるべく長生きしてもらうように頑張ります
ありがとうございました

ペット についての関連する質問