JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 1465
経験:  臨床家
84238367
ここに ペット に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

5月5日に目がしょぼつき、白目の充血、涙が増えていることに気づきました。

質問者の質問

5月5日に目がしょぼつき、白目の充血、涙が増えていることに気づきました。
5月8日、黒目が少し白く見えるのが気になったので受診すると、角膜潰瘍と言われました。
ハピテインとベストロンを1時間に1度点眼。
5月10日、再受診。
ベストロンとヒアレインを1日に5回点眼。
5月17日、再受診。ベストロンとヒアレインを1日に5回〜7回点眼。
5月24日、再受診。
傷がだいぶん小さくなったものの、これ以上修復不能との判断により格子状角膜切開。眼瞼縫合《半分》
ベストロンとヒアレインを1日に5回〜7回点眼。
6月7日、再受診。
これ以上修復不能とのことで、再度、格子状角膜切開。完全眼瞼縫合。
6月21日、再受診。
抜糸。黒目が真っ白。
角膜の傷も5月24日より範囲が広くなっていた。
眼が白くなった原因は不明と言われました。
6月21日、別の病院に受診。
インターフェロン点眼薬とタリビット軟膏を1、2時間に1回。
内服薬を朝、夕1回ずつ。
6月23日、眼科に強い病院を受診。1つ目の病院からの紹介。
白内障で眼が白くなっており、見えていないとのこと。
格子状角膜切開とコンタクトを進められ、コンタクトのみの治療。
点眼はヒアレイン、タリビット液。インターフェロンはしなくていいとのこと。
21日からの点眼で調子が良さそうだったので、自己判断で今現在、ヒアレイン、タリビット液、インターフェロンをコンタクト装着した上からさしています。
質問です。
①コンタクト装着に、ヒアレイン、タリビット液、インターフェロン点眼液をさしても問題はありませんか?
②急に白内障が進んだ原因に、格子状切開は関係ないと言われましたが、本当にそうなのか納得がいきません。
白内障になる原因がいくつかあるようですが、うちの場合は治療をしたせいで、白内障が急に進んでしまったと考えられませんか?
獣医の意見を聞かせてください。
よろしくお願いします。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  atlus302 返答済み 3 ヶ月 前.

確認遅くなり申し訳ございません。

①ですが、特にコンタクト装着に行えない点眼はありませんが、インターフェロン点眼は不要かと思われます。

②に関してですが、角膜潰瘍の程度はどの程度であったかについて説明はありましたか?

例えば角膜穿孔やそれに近いような重度なものの場合、その傷が原因となり外傷性の白内障となることもあります。

経過もかなり長いので、手術の影響も0ではないかもしれませんが、正直な所傷の経過も長く、決して軽度ではなさそうなので、傷自体によるものが大きいのではないかと考えられます。

全く関係ないかと言われると、そうは言い切れませんが、個人的には上記の見解です。

ペット についての関連する質問