JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ketama0616に今すぐ質問する
ketama0616
ketama0616, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 93
経験:  獣医師 動物病院
101937054
ここに ペット に関する質問を入力してください。
ketama0616がオンラインで質問受付中

初めて利用します。

質問者の質問

初めて利用します。
生後8ヶ月の子猫の大腿骨折(成長板近く)で、ボルトで固定をする手術を行いましたが、術後に猫が固定を嫌がり再度同じ骨折をしてしまいました。翌日に次は骨髄にピンを差し込む手術をするとの説明を受けましたが、ネットの情報だと固定が弱い説明している記事もあり、また骨折してしまわないか、方法が適切なのかご意見聞かせていただきたいです。
投稿: 17 日 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  ketama0616 返答済み 17 日 前.

こんばんは。質問ありがとうございます。

骨折処置後の再骨折で、術式が変わることへの疑問、という風でよろしいでしょうか?

骨折の手術については、文章だけではわからない部分が多すぎるので、

その術式が適しているかどうかは、正直判定は難しいです。

どの先生も、実際のレントゲンを見ながら、骨がくっつくのに最良の方法を考えます。

ですが、猫に多いのですが、それを上回る外力で、骨折箇所を破壊してしまい、自体を難しくすることはよくあります。

おそらく、ボルト固定に、髄内ピンをいれて、骨がずれないようにということだと思いますが、

もしかしたら、それ以外の選択肢のない折れ方をしている可能性があると思います。

獣医さんは常に、治るのにベストの方法を考えて治療に当たります。

ですので、今提示されている方法がベストである、と考えて、望まれるのが良いのではないでしょうか?

実際の画像などがあって、もう少し状況がわかれば、

その方法の適不適がわかるかと思いますが、今の所言えるのはこれだけです。

方法が適切なもので再骨折の可能性が少ないことを私も願います。

お大事になさってください。

ペット についての関連する質問