JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yyamamotoに今すぐ質問する
dr-yyamamoto
dr-yyamamoto, 小児科医
カテゴリ: 小児科
満足したユーザー: 3201
経験:  勤務医
99857541
ここに 小児科 に関する質問を入力してください。
dr-yyamamotoがオンラインで質問受付中

妻が36週の妊婦です。 先週エコー検査をしたら胎児の頭に石灰化がみられると言われました。

ユーザー評価:

妻が36週の妊婦です。
先週エコー検査をしたら胎児の頭に石灰化がみられると言われました。
※血液検査待ちではありますが、トキソプラズマ・サイトメガロウイルスではないという前提で
相談させて頂きます。石灰化の場所は左側の耳の上あたりで、頭蓋骨のすぐ内側です。
なので産婦人科の先生は最初は「陥没かな?」との所見でしたがよく見たらすぐ内側に石灰化がみられるとの事。先生は何もできないので生まれてから検査しましょうと言われるだけで、それ以外質問をしても
「わからない」の一点張りです。医師として答えられないでしょうし、不安を与えないように気を配っていただいているのだと思いますが、私としてはあらゆる可能性を知りたいと考えてます。そこで参考意見として下記を教えて頂けないでしょうか。私の認識として、石灰化は脳内に点々とある印象でしたが、今回は脳の外側?(正確な場所はわかりませんが)にあるように見えました。だからこそ陥没かな?という言葉がでたのだと思います。脳の外側の石灰化だとしても、何かしらの病気やてんかんなどの症状の可能性もあるのでしょうか。考えられる病気のリスクや確率など教えて頂けますと幸甚です。元気にさえ生まれてくれれば、すべてを受け入れて愛情を注いでいこうとおもっておりますが
少しでも妻の不安を軽減したく質問させていただきました。どうぞよろしくお願い致します。

質問ありがとうございます。

質問者様のような場合、既にネットで多くの事を調べられていると思うので、回答して欲しい事柄、回答不要の事柄があれば分けて事前に教えて頂けますでしょうか?

でないと、ネットで調べて知っている事を説明されたとしてマイナス評価を賜る可能性があります。

質問者: 返答済み 17 日 前.
30707;灰化の場所によって 病気のリスクは異なるのでしょうか? 今回のような脳の外側の石灰化はよくあるのでしょうか?脳内よりもリスクは下がるのでしょうか?
今回のケースは危険度が高いでしょうか?質問ばかりで恐縮ですが、私が気になり心配している事を箇条書き致します

確認させて頂きたいのですが、

1 トキソプラズマ・サイトメガロウイルスではないという前提で相談させて頂きます。とのことですが、トキソプラズマやサイトメガロ以外の原因によるものとしてお考えという事でよろしいのですね?

2 「石灰化の場所は左側の耳の上あたりで、頭蓋骨のすぐ内側です。」とありますので、この場合頭蓋骨の内側は脳なのですが、「脳の外側?」というのは主治医が言っていた事なのでしょうか?頭蓋骨の内側であって脳の外側となると硬膜という薄い膜しかありませんが、この部分の石灰化と言っていましたか?

3 現在おかかりの産婦人科の規模はどのくらいのところでしょうか?

胎児の脳内の石灰化では、おっしゃる通りトキソプラズマやサイトメガロがまっさきに鑑別に上がります。

>今回のような脳の外側の石灰化はよくあるのでしょうか?

→今回脳の外側の石灰化とおっしゃっていますが、それが脳内でないという確証は失礼ながら素人の方がみて分かるものではないと思います。また、硬膜の石灰化はよくあることではないです。

>脳内よりもリスクは下がるのでしょうか?

→「先生は何もできないので生まれてから検査しましょうと言われるだけで、それ以外質問をしても
「わからない」の一点張りです。」とありますが、主治医は意地悪で「わからない」と言っているのではなく、本当にわからないのだと思います。まずどの場所が石灰化しているのかが明らかでないので、なんとも言い難いですが、硬膜の石灰化自体、胎児で見かけるものではないので、それがどういう意義があるのか私もわかりません。

ですので、紹介状を書いてもらって大学病院に紹介してもらうのがいいとは思うのですが、既に36週ということで出産までに日にちがありません。予約をとろうにも、出産の日までに間に合わない可能性が高いです。ほんの一部の硬膜が石灰化しているだけで、その他が全く問題ないのであれば、生まれて来るのに支障はない状態だと思いますので、現実的には生まれてから大学病院に紹介して貰うということになると思います。

ただ、むこうの予約枠にキャンセルが出たりして運よく間に合うということもあるので、紹介状を書いてもらって大学病院の予約をとるということはされてみてはどうでしょうか?

>今回のケースは危険度が高いでしょうか?

→本当にそれが脳内ではなく、硬膜の一部の石灰化だとすれば、危険度が高いようには思いません。

ただ、そのようなケースは見たことがないので、はっきりしたことが申し上げられないのと、トキソプラズマやサイトメガロの可能性は検査結果が出ていない以上、否定できないと思います。

質問者: 返答済み 16 日 前.
19969;寧なご対応に感謝いたします。
またご質問の返信が遅れ失礼いたしました。1. トキソプラズマ・サイトメガロ以外と記載をした理由は、仮にそうだった場合の障害や病気はある程度調べられたのですが、その2つ以外だった場合のリスクや危険性・障害等については調べられなかった為です。2. 石灰化の場所については画像で見た時に頭蓋骨のすぐ内側だった為、思い込んだのであり主治医に言われたものではありません。ですので山本先生のおっしゃる通り脳内の左端の可能性が高いのだろうと思われます。3. かかりつけの産婦人科は常駐の医師が2名程度でエコー検査も外部の技師が来ているようです。一般的な町の産婦人科になります。上記をふまえた上で再度質問をさせてください。
トキソプラズマ・サイトメガロ以外だった場合、脳内の左端にある石灰化の危険性は、かなり高いのでしょうか。もしくはよくある事で何も症状がない場合も多いのでしょうか。
症状がでるとしたらトキソプラズマ・サイトメガロのような、てんかん・自閉症・脳の障害等々・・が考えられるのでしょうか。また出産前の段階で大学病院で精密検査を急ぎで受けた方がよさそうでしょうか。
何かしら処置ができるようなら急ぎで受けにいきたいと思っております。ご多忙の折、大変恐縮ではございますがどうぞよろしくお願い致します。

>トキソプラズマ・サイトメガロ以外だった場合、脳内の左端にある石灰化の危険性は、かなり高いのでしょうか。もしくはよくある事で何も症状がない場合も多いのでしょうか。

→脳内の石灰化はよくあることではないです。

多いのはトキソプラズマやサイトメガロです。それ以外の原因となると申し訳ないですが思い当たりません。すごく稀な胎児性腫瘍なんかもありますけどそれだと石灰化がちょこっと見える程度のことでは済まないと思います。

>また出産前の段階で大学病院で精密検査を急ぎで受けた方がよさそうでしょうか。
何かしら処置ができるようなら急ぎで受けにいきたいと思っております。

→今の段階で精密検査を受けようにも、もう36週ならいつ生まれてもおかしくないので、難しいと思います。

ほんの一部の石灰化しか異常がないのであれば出産には特段問題はないと思うので、検査を受けるなら生まれてからということになると思います。

もし、今の状態が心配で安心してお産に挑めないということであれば、今の石灰化がどのようなものなのか、そもそも石灰化なのかがわからない状況ですので、主治医に心配だから大きなところでもセカンドオピニオンを受けたいと言って急ぎ紹介状を書いてもらい、大学病院に電話して、「生まれるのに今のところで問題がないのか心配で急いでいる」と事情を話して画像だけでも早く見て貰えないか相談されてはどうでしょうか。

あと、自閉症とか発達障害は、生まれつきの脳の障害ですけど、石灰化のような見て直ぐわかるような大きな異常ではなくて、もっとミクロな異常なので、それの原因になるとは思いません。

質問者: 返答済み 15 日 前.
24403;方の不安な気持ちを理解して頂き、わかりやすいご説明有難う御座います。
最後の質問とさせて頂ければと思います。教えて頂いた事をもとに私の理解としましては
石灰化があった場合は、トキソプラズマ・サイトメガロの可能性が高く、それ以外となると原因はわからないので出産後の精密検査という認識でおりますが合っておりますでしょうか。トキソプラズマ・サイトメガロが妊婦から胎児に感染し、出生後に障害が残る確率というのは全胎児の何%程度なのでしょうか。万が一感染していた場合、今からは治療薬の服用は間に合わないでしょうか。

トキソプラズマとサイトメガロの検査は結果が出るのにそんなに時間はかからないのですが、まだ結果はわからないのでしょうか?

質問者: 返答済み 15 日 前.
20170;週末にわかる予定ですが、不安も大きく 予め他の方に聞いておきたいと思っておりました。

母体のサイトメガロウィルスの初感染うち60%は胎児に感染しませんが、およそ40%が胎児に感染します。胎児感染例のおよそ20%が症候性(先天性CMV感染症の症状は、出生児の低出生体重、肝脾腫、肝機能異常、小頭症、水頭症、脳内石灰化、紫斑、血小板減少、貧血、黄疸、網膜症、白内障、肺炎、痙攀などです)、のこり80%が症状無く(無症候性で)出生します。

症候性の先天性CMV感染のうち90%が、また無症候性の先天感染ではその10〜15%が精神発達遅滞、運動障害、難聴などの障害を発症します。それ以外の先天性感染児は、正常に発達します。仮に、妊娠中の母体の初感染が間違いなくても、出生児に軽症から重症まで何らかの障害を発症する頻度は1割程度に過ぎません。

トキソプラズマの場合は、感染児のうち15パーセントくらいが症候性で出生すると言われていますが、眼病変は思春期頃に出現することもあり、そのくらいの人で後遺症が残るかというような統計データがありませんでした。

>万が一感染していた場合、今からは治療薬の服用は間に合わないでしょうか。

→サイトメガロには治療薬はありません。トキソプラズマの場合は妊婦の飲める抗菌薬がありますが、もう間もなく生まれてしまうので飲めても1~2日くらいになってしまうので効果がどれくらいあるかは未知数かと思います

dr-yyamamotoをはじめその他名の小児科カテゴリの専門家が質問受付中

小児科 についての関連する質問