JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yyamamotoに今すぐ質問する
dr-yyamamoto
dr-yyamamoto, 小児科医
カテゴリ: 小児科
満足したユーザー: 3730
経験:  勤務医
99857541
ここに 小児科 に関する質問を入力してください。
dr-yyamamotoがオンラインで質問受付中

現在、小学5年生の息子が成長ホルモン分泌不全性低身長症で3歳の時から成長ホルモン注射の治療を小児慢性特定疾患で行っていま

ユーザー評価:

現在、小学5年生の息子が成長ホルモン分泌不全性低身長症で3歳の時から成長ホルモン注射の治療を小児慢性特定疾患で行っています。
治療の終了が156cmですがそれまでに成長期が終わっていなければSGA性低身長でもあったのでSGA性低身長として治療をすることも可能でしょうか?
小児慢性特定疾患から外れるのは分かっていますが伸びる希望があるならば治療を続けさせたいです。
今日の受診では最終身長は158.8cmと言われました。

質問ありがとうございます。

未成年であっても男子は156.4cm、女子は145.4cmを超えると助成を受けることができなくなります。しかし、骨端線が閉じる前であれば、助成は受けられませんが治療の継続は可能です。

主治医に相談してみてください。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
21161;成は受けられなくても保険の適応になるのでしょうか?
SGA性低身長症だと保険適応になるので診断名を変えての治療継続は出来ますでしょうか?

診断名は変わりません。

小児慢性の助成が受けられなくなるだけです。保険適応になります。

dr-yyamamotoをはじめその他名の小児科カテゴリの専門家が質問受付中

小児科 についての関連する質問