ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 19999
経験:  dasdasd
107621047
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

先日、がん遺伝子検査(CANTECT)を受けA1(15.6)判定だったのですが、フリーDNA濃度が39.2だったのとEカ

ユーザー評価:

先日、がん遺伝子検査(CANTECT)を受けA1(15.6)判定だったのですが、フリーDNA濃度が39.2だったのとEカドヘリン遺伝子のメチル化が検出されました。
おそらく原因は、
先月に人間ドックでピロリ菌に感染していることが判明し、萎縮性胃炎C-2(ペプシノゲン正常)と十二指腸炎になっているためだと思われます。
胃腸が炎症を起こしていることのよってメチル化していると思うのですがこのメチル化はピロリ菌が除菌できて炎症が改善すればメチル化も改善されるのでしょうか?また、Eカドヘリンがメチル化してるのは別の理由なのでしょうか?

ご相談ありがとうございます。

ご存じのように、癌の遺伝子異常においては、遺伝子変異に加え、遺伝子そのものの変異がなくとも、遺伝子のメチル化などの遺伝子修飾によっても発現が影響されていると考えらえています。

この場合、メチル化される遺伝子は、もともと正常な細胞であまり使われていない(発現が低い)ものが多いと考えらえており、記載のように胃腸の炎症が影響していた可能性はあるでしょう。メチル化された遺伝子が改善されるか、そのまま蓄積されるかについてはいくつかの研究結果があり、明確な結論を示すデータにまでは至っていないと思います。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

Dr わかをはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございます

がん治療 についての関連する質問