ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 20199
経験:  dasdasd
107621047
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

針生検で前立腺ガンと確定診断を受けました。その後、骨シンチおよび内臓のCTスキャンを行いましたが、転移はありませんでした

ユーザー評価:

針生検で前立腺ガンと確定診断を受けました。その後、骨シンチおよび内臓のCTスキャンを行いましたが、転移はありませんでした。治療方法は、IMRTによる放射線治療とホルモン治療の併用です。現在、IMRTが始まるまでホルモン治療を行うということで、1回目の注射を打ったばかりです。このレベルの前立腺ガンは、悪性新生物でしょうか?それとも上皮内新生物しょうか?よろしくお願い申し上げます。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。
電話相談の推奨はシステムからの自動表記のため、電話相談を希望されない場合は無視してください。

「悪性新生物でしょうか?それとも上皮内新生物しょうか?」

→ 病変の浸潤程度によって判断されますが、治療方法をみると、基底膜を超えていない可能性が高く、上皮内新生物であると推測されます。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

質問者: 返答済み 1 月 前.
20027;治医の先生の話では、針生検14箇所のうち6箇所からがん細胞が見つかり、そのうちの1つが悪い状態なので、手術か放射線治療を行うべきと言われました。

記載の状態では、がん部分は前立腺内に限られて存在しているようですが、複数の生検部位で確認されており、通常は手術での摘出が考えられると思います。

ご不明、心配の点について記載ください。

質問者: 返答済み 1 月 前.
20027;治医の先生に直接聞けばいいのですが、事前に知識を得ておきたかったのです。悪性新生物と上皮内新生物とでは、現在加入している民間のがん保険の支払額に大きな違いがあるものですから。また、悪性新生物の場合、住宅ローンも免除になるものですから、どちらなのか知りたかったのです。

再度記載いたしますが、下記のように考えられます。

「悪性新生物でしょうか?それとも上皮内新生物しょうか?」

→ 病変の浸潤程度によって判断されますが、治療方法をみると、基底膜を超えていない可能性が高く、上皮内新生物であると推測されます。

他に不明の点はないでしょうか?

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。大変参考になりました。

ご不明のことがありましたら、またご質問相談ください。
お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、本回答への評価入力(上部・右の星印の数の選択)をお願いいたします。
評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。

次回以降、私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
ありがとうございました。お大事になさってください。

Dr わかをはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
20808;日何度か質問させていただいた者です。
前立腺がんの放射線治療(IMRT)のため、受診を終えました。(治療はまだ始まっていません。)
そこで担当医の先生には、54歳の若さなら本来、手術による全摘が望ましいと言われました。
それは、①放射線と手術では、10年、20年という長いスパンで考えた場合、手術の方が生存率が高いこと、
②放射線治療を選択した場合、再発時には再照射はできず、手術も有効ではないこと、③手術なら、再発時に
放射線治療ができること、という理由からです。
但し、私は糖尿病を持っており、血糖コントロールをうまくできなければ手術は困難とも言われましたが、HbA1c=7~8で
コントロールできていますし、食事を徹底的に節制しているので、もっと下がる自信はあります。(もともと9~10ありました。)前立腺がんとしては、私は中リスクに分類されるそうです。
ホルモン療法も開始しました。
そこで、IMRTによる放射線治療はやめ、手術による全摘に変えたいと思いますが、いかがでしょうか?
ロボット支援の手術法もあると聞きますし、勃起神経も温存できると聞きました。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

担当医の説明であれば、手術は効果が期待できると思います。

特に神経温存できる可能性が高い、との説明であれば実施は検討した方がよろしいと思います。

こちらの質問枠の有効期限が切れています。質問については、私の名前リンクから新しく質問を開始ください。

よろしくお願いいたします。

がん治療 についての関連する質問