ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DoctorHeartに今すぐ質問する
DoctorHeart
DoctorHeart,
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 8792
経験:  dasdasd
108057004
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
DoctorHeartがオンラインで質問受付中

一年前に肺のCT検査で小さな腫瘍らしきものがあり半年に一度経過を見ていた。最近、四肢に難治性の紅斑が多数出現し、肺がんの

ユーザー評価:

一年前に肺のCT検査で小さな腫瘍らしきものがあり半年に一度経過を見ていた。最近、四肢に難治性の紅斑が多数出現し、肺がんの皮膚症状ではないかと不安です。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 54歳、女、高血圧の薬カムシア、アムロジピン
JA: ありがとうございます。上記の他に、医師に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 紅斑が遠心性環状紅斑、ステロイドが効果なく、来週3度目のCT検査の予定です。

対応させていただきます。よろしくお願いいたします。回答を作成してますので、もう少しお待ちください。

電話対応のおすすめの連絡が来ると思いますが、運営局が自動送信をしているものですので、無視をしていただいて結構です。

ご心配のことと思います。

「肺がんの皮膚症状ではないかと不安です。」
→肺癌では皮膚症状を伴うことは稀ですので、積極的に肺癌を疑うということはないと思います。

肺がんが進行すれば咳の悪化、血痰などがみられますが、そういった症状がなければ、そこまでご心配はされなくてもいいとは思います。

予定通り来週CTでの経過観察を受けていただくといいと思います。

難治性の紅斑にたいしてはステロイドの効果も乏しいようなら皮膚生検も検討してもらうといいと思います。

DoctorHeartをはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 日 前.
12493;ットで見た肺がんの皮膚の年輪様によく似ていたのですが。紅斑は増えてきて徐々に大きくなっています。皮膚科で乾燥肌と診断されワセリンとステロイドを処方されましたが3ヶ月以上経ちます

がん治療 についての関連する質問