ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 14937
経験:  dasdasd
107621047
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

昨年末からアブラキサン+ジェムザールの抗ガン剤治療をはじめ、現在、5周目に入りました。4周目の2回目から、ステロイドを抜

ユーザー評価:

昨年末からアブラキサン+ジェムザールの抗ガン剤治療をはじめ、現在、5周目に入りました。4周目の2回目から、ステロイドを抜いてもらいました。それはインスリンによる血糖コントロールを始めたものの、抗ガン剤を投与した日から乱高下を繰り返すので、ステロイドの影響も考えられるので、特に吐き気がないのであれば、抜いてみましょうとの主治医の判断でした。実際には、ステロイドを抜いても、吐き気は起きなかった(軽い胸やけはありましたが・・・)ので、今もステロイドは抜いたままです。ところが、4周目の最後(3回目)頃から、浮腫みが出始め、特に左足が浮腫み、5周目を始める時に、主治医にご相談しましたが、特に問題視はして下さらず、今日、2回目の接種前の診察で初めて、両足を見て下さり、実際には両足に浮腫みが出て、体や顔にも出ているように思うのですが、やはり左足の浮腫みが一番ひどいので、明後日、エコーをやることになりました。なかなか主治医は長々と、もしくは細々とはお話しのしづらい方ななおで、すぐに話を終わらされてしまうのですが、今日の点滴中にナースに伺ったところ、アブラキサンには浮腫みという副作用があり、ステロイドがその副作用にも効果があるのではないか。通常は吐き気止めのためにステロイドは入れているので、吐き気がなければ抜いた方がいいと主治医が判断したと思う。血液検査の結果もDD(?)が先週が1.0で、今週が1.3だから、血栓の値としては少し高いかもしれないけど、すぐに脳や心臓に飛んで悪さをするような血栓ができてるような数値ではないのではないでしょうか?だから、検査は今日すぐにというのではなく、金曜日なのだと思いますよ。とのことです。質問は、ステロイドが浮腫みの原因になると聞いたことはありますが、ステロイドがアブラキサンの副作用である浮腫みを止める働きがあるというのは新鮮でした。それは事実なのでしょうか?私としては、既に4カ月ほどステロイドを毎週入れていたものを中止したので、体内からステロイドが抜けきるまでの過渡的な体内に残っているステロイド自体の副作用で浮腫みが出ているのかと素人考えをしていました。これについてもどうなのでしょうか?左足はもともと糖尿病の治療の段階からしびれや浮腫みが出やすかったので、特に左右差が問題という認識が私自身にはありませんでしたが、左右差が問題だと主治医。もしも明後日の検査で問題があれば、即入院で点滴治療をするかもしれない。もし、何事もなければ、そのままお帰り下さい。とのことでした。随分、温度差のある御言葉で、もし最悪を想定した場合、この2日間はホントに大丈夫なのか不安です。是非、解説をお願いします。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願い致します。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表示されます。電話相談を希望されなければこのままメッセージで進めてください。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12424;ろしくお願いします。
場合によっては、ステロイドを再開してもいいかと考えています。結党コントロールは安定してきて、ヘモグロビンH1Cも6.5まで落ちてきました。ステロイドを継続することの弊害についても、教えて下さい。

少し、お待ちください。

すでにご存じのこと、お調べになっていることを含むと思いますが、初回回答であり、ひととおり記載いたします。

「ステロイドがアブラキサンの副作用である浮腫みを止める働きがあるというのは新鮮でした。それは事実なのでしょうか?」

→ 炎症を和らげる作用があり、そのために浮腫が軽減することはあります。薬の副作用を和らげるだけでなく、炎症疾患(肺炎など)を直接おさえる作用を期待して使用される場合もあります。

看護師さんの説明は、この点をお話しされていると思います。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

質問者: 返答済み 10 日 前.
28814;症を抑える作用があるというのは承知しています。それが浮腫を結果的に抑える効果があるというのは分かりました。それでは抗がん剤治療にステロイドを組み込んでいるのは、様々な炎症を抑える目的があるのであって、単なる吐き気止めの効果以外にもベネフィットはあるわけですね!私は多発肝転移を伴うステージ4の膵癌です。多発性ですから、どこに実際に癌が発生していてもおかしくない状態だと理解しています。CEAは211だったものが、今は3.3まで下がっていますが、今日の画像を見るかぎり、最初寄りは2回目の方が、3つ大きな肝癌が認められたものの内、1つがかなり小さくなり、γGTPも二桁まで一時小さくなり、今日は133でした。肝臓の数値がとってもよくなったなと思った翌週にこのようなリバウンドのような状態で、少しがっかりしていますが、一喜一憂しても仕方がないかと思っています。ですから、ステロイドを抜いたとたんに良くなったかと思った肝臓の数値ですが、少し肝癌が盛り返している間隔です。炎症反応の数値も観なければならないのでしょうが、そのような数値がステロイドによって一時的に低下したとしても、ステロイドによるリスクがどのようなものがあるのかも分からないと不安ではあります。ステロイドを続けるベネフィットとリスクを簡単に教えて下さい。癌治療を継続していくために、ステロイドが入ることによって、浮腫が消え、歩行に問題がなくなれば、QOLは今より改善するのだから、そのように主治医にお願いするかどうかを悩んでいます。その他にも、まだ気づかぬステロイドのベネフィットがあるのであれば、どのようなタイミングでステロイドを止める時がくるのでしょうか?なぜ、主治医は「ステロイドはできれば抜いた方がいい」と仰ったのでしょうか?先ほどの質問の後段部分のご回答もよろしくお願いします。

「単なる吐き気止めの効果以外にもベネフィットはあるわけですね!」

→ そうですね、単に吐き気止めに使用しているのではなく、炎症など全体的作用を期待して使用されていると思います。免疫系統に対する作用(必要以上に炎症を起こさないように)も期待していると思います。

「最初寄りは2回目の方が、3つ大きな肝癌が認められたものの内、1つがかなり小さくなり、γGTPも二桁まで一時小さくなり、今日は133でした。肝臓の数値がとってもよくなったなと思った翌週にこのようなリバウンドのような状態で、少しがっかりしていますが、一喜一憂しても仕方がないかと思っています。」

→ 治療効果はえられている時期もあり、どうしても状態の変動はありますが、効果は期待できると思います。

「ステロイドを続けるベネフィットとリスクを簡単に教えて下さい。」

→ 上記のように炎症を和らげる作用はありますが、必要以上に免疫力を抑えてしまう可能性はあります。このような状態が続くと感染しやすくなったり、ステロイドによる精神症状としてうつ状態や睡眠障害を起こすことがあります。担当医はこれらの点も考慮し、適切な時期でステロイドを中止することを考えているのでしょう。

HbA1cについてですが、ステロイドにて代謝機能が変化し、血糖値が上がってしまう可能性もあります。

他に不明の点はないでしょうか?

他に不明の点はないでしょうか?
もし、追加質問がなく、終了する際には本回答への評価入力(画面右上の星印の数の選択)をお願いいたします。
評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。
追加質問があればご記載をお願いいたします。

Dr わかをはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中

がん治療 についての関連する質問