ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかいに今すぐ質問する
Dr わかい
Dr わかい, 医師
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 10694
経験:  dasdasd
107621047
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr わかいがオンラインで質問受付中

現在妊娠を希望しています。

ユーザー評価:

現在妊娠を希望しています。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 途中で送信してしまいました。ごめんなさい。33歳女性です。2019年夏に帝王切開をして、1センチ程度の肥厚性瘢痕があります。昨日ケナコルトを注射されました。1. 肥厚性瘢痕があっても妊娠するのは問題ないか?2.ケナコルトを注射されても妊活して良いか?という点が気になっております。
JA: ありがとうございます。上記の他に、婦人科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 他にはありません

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

「1. 肥厚性瘢痕があっても妊娠するのは問題ないか?」

→ 肥厚性瘢痕の場所によりますが、通常は妊娠に大きな影響はないと思います。この点については受診いただく病院でも十分に確認されると思います。

「2.ケナコルトを注射されても妊活して良いか?」

→ ケナコルト注射後に新生児に腎機能障害や催奇形性があったとの記載があります。これはどれくらいの方に注射し、その中の何%に出現したか等の詳細な検討が行われたものではありません。ただし、影響は検討した方がよろしいと思います。ケナコルトの体内残留(作用持続)日数は21日とされており、21日を経過した後から妊活は検討された方がよろしいと思います。この点についても産科で確認は可能と思います。

ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 8 日 前.
26089;急にご回答いただきありがとうございます。肥厚性瘢痕は傷跡の端にあります。皮膚科や産婦人科を数件回りましたが「妊娠してもいいんじゃない?」という先生と、「妊娠後期で痛くなるかもしれないから肥厚性瘢痕の治療終わってからの妊活で良いんじゃない?」という先生がおり、妊活と肥厚性瘢痕の治療どちらを優先すべきか迷っておりました。昨日ケナコルトを打ったことで肥厚性瘢痕の痛み、大きさ共にやや小さくなっています。昨日はよく分からずに注射を打たれましたが、調べてみたら生理不順などの懸念もあることを知りました。今後注射を続けることで妊活の影響がないのか、不安もありますので、肥厚性瘢痕の治療をストップして、来月から妊活をスタートしようと思います。↑この判断でも大きな問題は無さそうでしょうか?(もちろん最終判断は私の責任という認識ですが、今の段階で来月以降妊活を始める場合の懸念点を把握しておきたいという気持ちでいます。)

「不安もありますので、肥厚性瘢痕の治療をストップして、来月から妊活をスタートしようと思います。↑この判断でも大きな問題は無さそうでしょうか?」

→ 今後、ケナコルト注射を継続するのであればどうしても妊娠への影響は考慮する必要があります。妊活の時期なども重要であり、上記の判断で大きな問題はないと思います。

Dr わかいをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
12354;りがとうございました!

産婦人科・婦人科 についての関連する質問