JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.satouに今すぐ質問する
Dr.satou
Dr.satou, 産婦人科医
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 2383
経験:  勤務医
99857541
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr.satouがオンラインで質問受付中

66歳です。2年前に肺ガンになり手術と抗ガン剤の治療を行いました。抗ガン剤治療の初期からオリモノがかなり増えましたが、数

質問者の質問

66歳です。2年前に肺ガンになり手術と抗ガン剤の治療を行いました。抗ガン剤治療の初期からオリモノがかなり増えましたが、数ヶ月後には緑色っぽくなり、婦人科を受診しました。治療3回目あたりに、萎縮性膣炎と告げられました。根本治療は難しいらしく、私もその後治療に通うのが嫌になり現在はオリモノシートと軟膏に頼っています。常に不快感があり、何とかならないものかとご相談させて頂きました。よろしくお願い致します。
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr.satou 返答済み 4 ヶ月 前.

質問ありがとうございます。

軟膏に頼っているとのことですが、どのような軟膏を使用しているのでしょうか?

専門家:  Dr.satou 返答済み 4 ヶ月 前.

返信がないので先に回答します。

女性ホルモンの膣錠が委縮性膣炎の治療になります。

試してみられてはどうでしょうか?

ただ、婦人科でいわれたように根本的な治療はありません。

加齢による女性ホルモンの枯渇が原因ですのでそれが復活することはないからです。

女性ホルモンの膣錠は、閉経後の女性に自律性の女性ホルモン分泌を復活させると言う根本的治療ではありませんが、辛い症状を改善するという治療にはなります。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問