JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
TKに今すぐ質問する
TK
TK, 産婦人科医
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 1665
経験:  勤務医
99857541
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
TKがオンラインで質問受付中

55歳です。数年前から子宮筋腫の経過観察をしていますが、6年前、6センチだった子宮筋腫が昨年、2月に13センチ。1年後の

ユーザー評価:

55歳です。数年前から子宮筋腫の経過観察をしていますが、6年前、6センチだった子宮筋腫が昨年、2月に13センチ。1年後の今年2月にMRIを撮ったところ、13センチ。52歳で閉経してるにも関わらず、この大きさなので、肉腫の可能性も否定できない。肉腫かどうかは、手術で摘出してからの診断になるので、開腹手術を勧められました。仕事の関係もあり、5月に手術をお願いしましたが、肉腫だった場合を考えると、もっと早くに手術をした方がよいのか、なんだかとても不安になり、ここを見つけ、質問させていただきました。

質問ありがとうございます。

肉腫、つまり悪性のものであった場合、やはり早めに手術をしておくほうが望ましいです。

主治医は、もし都合がつくなら早い方がいい、とは言いませんでしたか?

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
22812;中にご返信ありがとうございます。小学校教員をしているので、春休みはどうかと言われましたが、春休みは休みにくい、夏休みはどうかと伺うと夏休みまで置かない方がいいと思うとおっしゃっいました。やはり早い方がいいですか?
突然、開腹手術による手術の話になり、戸惑いもあり…です。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
38281;経後も小さくならないのは珍しいと、おっしゃってました。
やはり肉腫の可能性も高そうですか?

子宮体がんは、日本全国で1年間に約10,000人発症すると考えられていますが、これに対して、子宮肉腫は毎年約800人に発生(がん肉腫360人、平滑筋肉腫280人、内膜間質肉腫100人)すると推測され、非常に稀な病気と言えます。

そのため、子宮体がんのように確立した術前診断や治療方針があるわけではなく、施設ごとに手探りでやっているという状態です。

子宮肉腫は術前診断が難しく、また稀な疾患であるため、術前の今の状態で、肉腫の可能性が何%、などの客観的な指標を提示することができません。

一般的には、閉経後に急速に増大する筋腫、MRIで不均一なパターンを示す筋腫などは肉腫を疑い手術を勧めます。

現時点では肉腫を疑ったら子宮摘出を行うのが最も確実な診断・治療手段であり、これ以外に正確に診断する方法がありません。

今回MRIの所見は記載されていますが、閉経後に急速に増大する(普通は閉経後に小さくなる)という所見は、主治医が言うように肉腫を疑うものになります。もしMRIでも不均一なパターンを呈していれば、更に疑いは濃厚になります。

もし、貴方が私の家族で有れば、迷わず春休みの手術をするように説得すると思います。

手術して、結局はただの子宮筋腫だったとなれば、予定を色々調整したのにと腹を立てることもあるかもしれませんが、もし5月に行ってその逆の結果だった場合に少なからず予定を調整して春休みに手術していたら、と思うのではないかと思います。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12372;返信ありがとうございます。
主治医の先生も稀な病気ではあるが、肉腫だった場合、命を失うので、あの時手術していればと、後悔しながら亡くなっていった方をこれまでにみてるので…と、おっしゃってました。
手術を1ヶ月でも早めた方が、肉腫だった場合は今後のためによい、5月14日の手術の予約をしたのですが、可能なら少しでも早い方がいいとのことですね。
家族であれば迷わず…という言葉が響きます。それに肉腫だった場合の生存率を見ると、私自身も5月まで精神的にもしんどいかもしれません。早めた方がよかった場合も悪かった場合もよい感じですね。
あと、気になるのが、昨年も13センチですので、肉腫だった場合は、ある程度進行してるということも考えられるのでしょうか?いろいろ伺って申し訳ありません。
ほんとに夜中にも関わらず、ご返信いただきありがとうございます。

進行がんであるかどうかは、癌の診断がついていない現在の状態では申し上げることができません。

平滑筋肉腫および子宮内膜間質肉腫 FIGO分類  を下記に示します。

  • I期 腫瘍が子宮に限局するもの
    IA期 腫瘍サイズが5センチメートル以下のもの
    IB期 腫瘍サイズが5センチメートルを超えるもの
  • II期 腫瘍が骨盤腔に及ぶもの
    IIA期 付属器浸潤があるもの
    IIB期 その他の骨盤内組織へ浸潤するもの
  • III期 腫瘍が骨盤外へ進展するもの
    IIIA期 1部位
    IIIB期 2部位以上
    IIIC期 骨盤リンパ節ならびに・あるいは傍大動脈リンパ節転移のあるもの
  • IVA期 膀胱粘膜ならびに・あるいは直腸粘膜に浸潤のあるもの
  • IVB期 遠隔転移のあるもの

上記のように、13センチでも子宮内にとどまっていればI期です。多臓器への浸潤やリンパ節転移は手術してみないと分かりませんし、遠隔転移の検索は手術をして肉腫と診断がついてから行います。(診断がつかないうちからPETなどを撮影することは、多くの子宮筋腫の方にが無意味な検査をしてしまうことであることから理解ください。)

ただ、子宮肉腫の場合は、胃癌などの癌とは事情が少し違います。胃癌であればI期は早期癌で予後も良いですが、子宮肉腫の場合1期だったら胃癌と同じように考えてよいかというとそうではありません。

また、大きさよりも、どの種類の肉腫なのかというその組織型が重要になってきますので、やはりすべては手術をしてみないとわからないです。

TKをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12372;丁寧な返信、ありがとうございます。
自分でも不安でネット検索ばかりしてたので、このようにお答えいただき感謝です。
ありがとうございました。

誰しも悪性腫瘍の可能性があると言われれば不安になって当然です。

ただ、ネットを調べて不確かな情報により過度に不安を駆りたてられるという人が最近は非常に多いので、もうあとは主治医とコミュニケーションをとるようにして、ネットはあまり調べないほうがいいと思います。

少しでもお役に立てておりましたら幸いです。

お大事にされてください。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。そうですね。あとは主治医の先生を信頼して治療していこうと思います。でも、この場で主治医の先生と同じ見解を伺えたことで、手術に前向きに向かえそうです。
ありがとうございました。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問