ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 神経科医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 16590
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

左手の指に力が入りません。手のひらは特に異常がないのですが、指(特に親指以外)にうまく力が入りません。この症状が出たのは

ユーザー評価:

左手の指に力が入りません。手のひらは特に異常がないのですが、指(特に親指以外)にうまく力が入りません。この症状が出たのは2日程前ですが、一、二週間前に左手の指先の痺れがありました。
アシスタント: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
質問者様: 20歳、女性、今朝一時的に市販の痛み止めを服用しました。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、神経科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にありません。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。

手全体の脱力があれば脳梗塞の可能性もありますが、ご年齢的には考えにくいでしょう。

記載の状態では、肘部管症候群の可能性があります。これは肘の内側を通る尺骨神経が圧迫され、小指・薬指がしびれたり、手が使いにくくなる疾患です。 尺骨神経は、小指・くすり指半分の感覚を支配し、同時に手の細かい動作をになう内在筋という筋肉の多くに命令を出しています。

良性腫瘍でありガングリオンなどで圧迫されて起こるものであり、整形外科での確認を要すると思います。対応としては、痛み止めの使用、ガングリオンがあればその切除などが実施されます。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

質問者: 返答済み 11 日 前.
21069;腕の痺れのような違和感も、肘部管症候群の症状の一つとして考えられるでしょうか?
質問者: 返答済み 11 日 前.
36861;記になってしまいすみません。

そうですね、その部分も肘部管症候群の症状の一つとして出現します。

他の神経圧迫を起こす疾患(胸郭出口症候群、頚椎腕症候群など)や神経変性疾患なども含めて診察では確認されると思います。

整形外科の診察がよろしいと思います。

ご不明、心配の点について記載ください。

Dr わかをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問