ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 神経科医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 15334
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

脳梗塞、心臓病を発症しました。去年から手術を繰り返し退院してリハビリを自宅で続けていますが手の痺れ、足の痺れどちらも右側

ユーザー評価:

脳梗塞、心臓病を発症しました。去年から手術を繰り返し退院してリハビリを自宅で続けていますが手の痺れ、足の痺れどちらも右側です。この麻痺は一生続くものですか?でしたら再就職も厳しいです。どちらかと早く楽になりたいと思っています。サイトも自殺関連を繰り返し見ています。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。
すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。
当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。

すでにご存じのこと、お調べになっていることを含むと思いますが、初回回答であり、ひととおり記載いたします。

「手の痺れ、足の痺れどちらも右側です。この麻痺は一生続くものですか?」

→ 脳梗塞の治療を担当した医師からの説明もあったかと思いますが、脳梗塞についてはリハビリの継続が必要であり、梗塞による麻痺は残る可能性は否定できません。この点については神経保護作用のある薬の継続とリハビリが改善のために必要と思います。

ご自身ですべてを抱えることはせず、年金制度なども利用しながら、負担のない範囲で就労は考えられた方がよろしいと思います。また、お体への不安も強くなり、どうしても気持ちの落ち込みがでてしまうと思います。このような意欲低下には脳梗塞が直接影響している可能性もあり、前頭葉の血流が低下するとうつ状態になりやすいとされます。この点についても対応が必要であり、神経内科もしくは精神科で血流改善の効果が期待できる薬、抗うつ薬などの処方を検討いただく方法があります。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

Dr わかをはじめその他2 名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問