ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 神経科医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 10844
経験:  国内大学卒 国内、海外での勤務歴あり 米国大学大学教授として勤務歴あり
107621047
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

今年24歳になる娘が10代の頃から強迫性障害で通院(薬投与)しております。ここ最近、トイレに行くと体が汚れたような気持ち

ユーザー評価:

今年24歳になる娘が10代の頃から強迫性障害で通院(薬投与)しております。ここ最近、トイレに行くと体が汚れたような気持ちになり、脚や腰を除菌ティッシュで拭いたり、ひどい時はズボンを履き替えています。今年になってテレワークとなった事もあり、外に出る機会が減った事
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 現在23歳、女。薬は家に帰らないと分かりませんが心療内科で精神を安定させる薬を処方してもらっています。
JA: ありがとうございます。上記の他に、神経科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: そのような行動をしている時、家族はどのように声をかけてあげると良いのでしょうか?という事をお聞きしたいです。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

「そのような行動をしている時、家族はどのように声をかけてあげると良いのでしょうか?という事をお聞きしたいです。」

→ 強迫性障害の場合、記載いただいたような行動が「本来であれば必要ないこと、意味がないこと」を理解されていることが多くなります。そのようなことを理解した上で行動を止めることができない点が、病気の苦しさの1つになります。そのため、周囲からみて無駄と思える行動をとられていても、それを指摘したり、止めるようにすることは行わない方がよろしいと思います。治療効果が得られ、本人が少しずつ止めらえるようになったら、指摘することは良いと思います。それまでは指摘や注意は行わないようにした方がよろしいと思います。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

特に、ご不明、心配の点についてご記載をお願いいたします。

質問者: 返答済み 24 日 前.
23478;族の対応についてのご回答、ありがとうございます。参考にさせていただきます。
娘はこれまでも小さな事を気にしていました。それでも意識的にモヤモヤする事をして行きながら慣れていく(筋トレ)を続けていましたが、今回だけは怖くて出来ないと言っています。今は無理をしないで、時間が経過すれば少しずつ筋トレをして行けるのでしょうか?また薬の量を増やす事は効果的なのでしょうか?
「ずっと、このまま変わらないのでは?」という不安が、娘を押しつぶそうとしています。

「今は無理をしないで、時間が経過すれば少しずつ筋トレをして行けるのでしょうか?また薬の量を増やす事は効果的なのでしょうか?」

→ 薬を増やすこと、種類の変更は効果的である可能性があります。強迫性障害の場合、このような薬物療法に加えて、カウンセリングを併用することが効果的とされています。方法としては、気になるものに少しずつ慣れていく暴露療法なども実施が検討されます。このように「慣れていく」過程では医療者の判断に沿って負荷を調節する必要があります。ご自身だけの取組ではなかなか効果が得られなかったり、かえって辛さが増してしまうこともあります。できれば、担当医もしくは臨床心理士さんと相談しながら実施することがよろしいと思います。

Dr わかをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問