ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Katoに今すぐ質問する
Dr.Kato
Dr.Kato, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 9273
経験:  勤務医
99857541
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr.Katoがオンラインで質問受付中

まだ20代ですが、物忘れなどのうっかりミスが数ヶ月前から多くなりました。5月から仕事が変わったのですが、7月くらいから物

ユーザー評価:

まだ20代ですが、物忘れなどのうっかりミスが数ヶ月前から多くなりました。5月から仕事が変わったのですが、7月くらいから物忘れが増えた気がします。ちなみに、今の仕事にしてから気が楽で仕事のストレスがなくなったので、環境の変化によるうつ病などはないと思います。
数分前に思ったことを忘れる、物を違う場所に仕舞う、電気の消し忘れなどです。元々は忘れ物などもしないですし、うっかりミスも極たまにしかありませんでしたが、最近はほぼ毎日何かしらある気がします。あまり気にしてなかったのですが、先週に仕事で一部の電気がついてることに気づかず帰った時におかしいと思いました。今までなら意識しなくても気づけたことです。普段の生活でも、例えばお風呂に入ってクレンジングオイルで化粧を落として身体を洗ってから洗顔しようと思うと、洗顔を忘れます。
考えすぎでしょうか?

質問ありがとうございます。

既にネットで調べる等して知っており回答不要な事柄と、本サイトで回答を得たい事柄を具体的に教えて頂けますでしょうか?(既にネットで調べて知っているという理由でマイナス評価をされる方がいるためです。)

質問者: 返答済み 15 日 前.
12358;つ病や若年性アルツハイマーなど出てきましたが、うつ病になるほどストレスはなく、むしろ気が楽な状態なのでありえないと思っています。認知症にしては自覚があるので違う気がしています。

1 自覚があるので違うという意味が分からないのですがとはどういう意味でしょうか

2 ご心配な状況かと思いますが、インターネット医療相談ではどのようなことでお役にたてるでしょうか?

状況を記載頂いたのみで回答を得たいことが疑問文形式で提示されていないため、何に回答していいか分かりかねております。

回答を得たいことを疑問文形式で提示ください。(例:何科を受診すればいいですか?)

※ インターネット上では無診察診療という医師法に抵触するため診断行為は行えません。
※ 特定の医療機関や医師の紹介や斡旋はトラブルの原因になるので行えません。

質問者: 返答済み 15 日 前.
35469;知症は自覚がないとネットに書いてありますけど違うんですか?周りに言われて気づくと書いてありましたけど嘘情報ですか?認知症の症状は当てはまらないってことです。
そんなにはっきり質問しないとわからないことですか?ここで質問する人は、病気の心配があるのかそれとも考えすぎなのか、病気の可能性があるならどうしたらいいのか、医者の意見を聞きたいから質問するんだと思いますが。そもそも医者じゃないから病気の可能性があるのかどうかさえわからないんですよ。だから症状を教えてるのに。ネットで調べたこと教えろとか評価しか気にしないんですか?具体的に質問しろって知らないですよ。症状を聞いてあなたが思ったことを答えればいいだけじゃないですか。
ちなみに、最初の文章で物忘れが多くておかしいって思ってるのは考えすぎか?って聞いてるんですけど。
あなたはやり取り面倒なのでもう回答不要です。

>認知症は自覚がないとネットに書いてありますけど違うんですか?周りに言われて気づくと書いてありましたけど嘘情報ですか?

→はい、嘘情報です。認知症は初期には物忘れが増えたことを自覚しています。そのことを心配して自ら受診して診断がつく人は多くいます。症状が進行して来ると物忘れをしていることすらわからなくなります。ステージにより症状が大きく異なります。

余りにも嘘の情報なので、そのような嘘情報が流れている事すら知りませんでしたので意味が不明のため、正確な回答の為に詳細をお尋ねさせて頂きました。

>そんなにはっきり質問しないとわからないことですか?

→はいそうです。

このサイトは、相談者様が質問料金を提示した上で質問を投稿し、専門家は専門知識を用いて回答する場所です。

そのため、相談者様と専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要があります。

質問者様のおききになりたいことは時に医療者が思いもよらないことであることも多くあります。

それは私たち医師の一般常識と一般の方の常識が違うということがあります。

また、当初書いてなかった事なのに後になって、ききたかったのは~だとおっしゃられる方もいます。

なお、医師法に基づき実際の診療行為のない医療相談サイトで具体的な指示を出すことは医師法違反となる恐れがありますので、それに基づいた回答になります。出来る事が厚労省の指針により明確に制限されているインターネット医療相談では、回答できることとできない事があるため、おききになりたいことが厚労省の指針に違反しない範囲のものかを最初に確認する必要もございます。

インターネット医療相談は現実世界の医療機関受診とは異なります。医療機関ならば、医者の前に座って症状を述べれば、暗黙の了解として、診察⇒検査⇒診断⇒治療 と自動的に話が進みますが、インターネット相談では診察も診断も治療もできません。

ジャストアンサーとは、それを期待していただく場ではないことにご留意下さい。

Dr.Katoをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

>ここで質問する人は、病気の心配があるのかそれとも考えすぎなのか、病気の可能性があるならどうしたらいいのか、医者の意見を聞きたいから質問するんだと思いますが。

→いいえ違います。個々人によって聞きたいことは千差万別です。本当にありとあらゆる種類の質mンがあり、それぞれ皆さんお聞きになりたいことは異なりますし、時に医師が思いもよらない事である事も多くあります。自宅で出来る改善方法を教えて欲しいという方もいれば、救急車を呼んでもいいかという事をききたい人もいれば、患者が受診を居hしているがどうしたらいいかという人もいます。そそてそれらは最初の質問文の段階では記載されていない事が殆どです。

質問者様のご希望は「病気の心配があるのかそれとも考えすぎなのか、病気の可能性があるならどうしたらいいのか」であることは分かりましたが、これは提示して頂かなければ分からない事です。特に質問者様は既に同じ内容で質問し回答を得ています。

そうであれば最初の質問と同じことを回答しても意味がありませんし、最初の質問で解決しなかった点更にお聞きになりたい点がどういう点なのかを明確にまずしておかなければ、質問者様の満足に結びつかないと思いました。

>ネットで調べたこと教えろとか評価しか気にしないんですか?

→長文の回答をしたあとに、ネットで既に調べて知っている事を回答されたといってマイナス評価する方がいらっしゃるのです。そうなると回答を打った労力も無駄になりますし、質問者様の方でも知っている事を回答されてご不快な思いをさせてしまいます。

そうやって後になってネットで調べて知っている事を回答されたとマイナス評価をするような方は、多くの場合最初の質問文でききたいことを明示せず、「よろしくおねがいします」等の記載のみなのです。

>症状を聞いてあなたが思ったことを答えればいいだけじゃないですか。

→実際の臨床の場では、医者の前に座って症状を述べれば、暗黙の了解として、診察⇒検査⇒診断⇒治療 と自動的に話が進みますが、インターネット相談では診察も診断も治療もできません。インターネット医療相談では、お聞きになりたいことを提示して頂き、それに回答するという場である以上、回答者の思った事を回答するのではなく、質問者様がお聞きになりたいと思っている事に回答する必要がございます。

医者がこういう事をききたいのかなと思って一般的な事を回答すれば、ネットで調べて逸している事ばかりだといわれる事もありますし、全然基礎知識の無い方に区wしい解説をするとよくわからないということになってしまいますし、貴方がおっしゃるような病気の可能性があるのか受診したほうがいいのかという事を回答すると、受診をすすめられて憤慨する方もいらっしゃるのです。質問者様のお聞きになりたいことは千差万別なのです。

>病気の心配があるのかそれとも考えすぎなのか、病気の可能性があるならどうしたらいいのか

→病気の可能性は完全には否定できないので、受診したほうがいいと思います。これは既に回答がついているように病気であるとすればうつ病や適応障害、もしくは若年性認知症が鑑別に挙がります。

仕事を変わって精神的に楽になったということですが、そのようにストレスがなくなってホッとした時にうつ病になることもあります。

ただ、興味の喪失、集中力の低下、意欲の喪失、倦怠感、抑うつ気分など他の症状が一切ないのであれば可能性は低いでしょう。

病気でなくてもストレスによる脳疲労でもうっかりミスや物忘れがふえますが、ストレスが全くなく精神も安定しているとのことですのでこちらも可能性が低いでしょう。

そうなると他に病気があるとすれば若年性認知症です。認知症は、一般的には高齢者に多い病気ですが、65歳未満で発症した場合、「若年性認知症」とされます。
認知症というのは、一つの病名ではありません。認知症を起こす病気はさまざまですが、多くの場合は脳の病気であり進行性です。 国の調査ではアルツハイマー型認知症が最も多くなっています。血管性認知症、前頭側頭型認知症、外傷による認知症、レビー小体型認知症/パーキンソン病による認知症が続きます。質問者様はくも膜下出血や脳卒中を心配されていましたが、くも膜下出血ならば突然始まる激しい頭痛があり緊急で病院に行っても3割が死亡するような疾患ですので、無症状で発症して後遺症の物忘れだけがあるというのは考えられません。

脳卒中の脳出血も同じく頭痛など何らかの激しい症状がでます。脳梗塞の場合は、出来る場所によっては本人が起こった時に何も気が付かない事はありえます。ただし、質問者様の年齢であれば何か特殊な基礎疾患でもない限り脳梗塞を起こす事は稀です。特殊な基礎疾患は、例えばもやもや病ですとか、家族性高コレステロール血症ですとか、心房細動などです。

脳梗塞が原因の認知症を脳血管性認知症といいます。できた場所によっては物忘れやミスだけが症状として出るという事はあり得るとは思います。

若年性認知症の場合、発症していても普通に社会活動はしていることや、本人は何らかの症状を自覚して気が付いているが受診が遅れるという事が特徴です。

発達障害があって元々ミスが多いということではなく急に最近あり得ないミスが増えたと思われるのであれば、既に回答がついているように物忘れ外来をか神経内科を受診された方がいいと思います。

神経科 についての関連する質問