ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Katoに今すぐ質問する
Dr.Kato
Dr.Kato, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 9240
経験:  勤務医
99857541
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr.Katoがオンラインで質問受付中

19歳の息子の話ですが、高校2年生くらいから学校に行きたくないといいだし、ただその割に必要出席日数を数えてちゃんと卒業し

ユーザー評価:

19歳の息子の話ですが、高校2年生くらいから学校に行きたくないといいだし、ただその割に必要出席日数を数えてちゃんと卒業したり、浪人している今も塾に行ったらできない自分がばれるのが嫌だと自宅浪人していますがアルバイトは行きます。本人は、左から動作をしないと気になるだの思い込みが自分を制限して受験勉強もできない、強迫性障害だといいますが、普段見ていると動作にこだわりは全くなく、本人がいうような病的なところが見られないのですが、障害でしょうか
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 19歳 男性 服用、通院なし
JA: ありがとうございます。上記の他に、神経科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 本人は自分が強迫性障害だといえば色々なことから逃げられると思っているように見えます。私も同年齢のころそのような傾向があったのですが、何か踏ん切りがつけば動ける、動きたいように感じます。先生に鵜呑みにして病気と認定されたらその時点で全て諦めてしまう気がしています。

質問ありがとうございます。

既にネットで調べる等して知っており回答不要な事柄と、本サイトで回答を得たい事柄を具体的に教えて頂けますでしょうか?(既にネットで調べて知っているという理由でマイナス評価をされる方がいるためです。)

質問者: 返答済み 14 日 前.
31169;含め周りの者も、私に似ている、すぐにそれらしい言い訳、病気といえば逃げられるといっていたところも似ているといわれ(私も大人になってからはそれがばれていると感じごく普通に生活していますが)病気だと思っていないので何も調べていないし知識もありません
質問者: 返答済み 14 日 前.
38651;話は希望しません

>本人は、左から動作をしないと気になるだの思い込みが自分を制限して受験勉強もできない、強迫性障害だといいますが

>すぐにそれらしい言い訳

→強迫性障害というよりも発達障害の可能性はあるかもしれません。

決まったルーティンをしなければパニックになってしまったり、こだわりが強かったり、ストレス耐性が弱い上にプライドが高いので逃げ癖があったり、逃げ癖、なかなか物事が始められないけど始めてしまえばスイッチがはいってやめられなくなる、など当てはまるように思います。

ただ、強迫性障害の可能性もないわけではなく、他人がみて困っているように見えなくても本人はとても困っていると言う事もあり得るので、一概に否定することはできないと思います。

ご自身とよく似たところがありそれが理解できるのであれば、その辺を踏まえてよく本人と話をしてみてはどうでしょうか。実は自分も貴方と同じ年頃の事、貴方のとよく似た事をしていて、ということで色々本音で話し合ってはどうでしょう。

まず貴方の恥ずかしい部分やだらしない部分等を包み隠さず話すことで、息子さんも自分のダメな部分を話しやすくなると思います。

その後、貴方はどうやって克服したのかもお話しするといいでしょう。

貴方の正直なお気持ちである、自分とよく似たところがあるので、「先生に鵜呑みにして病気と認定されたらその時点で全て諦めてしまう気がしています。」という懸念も話してみてはどうでしょうか。本人がそうではなく、本当に辛くて困っていて治療したいんだと言えば受診させてあげた方がいいと思います。

質問者: 返答済み 14 日 前.
24038;から云々は、本人が調べて言っている話で、行動は何のこだわりもありません。
プライドは、高校時代では順風満帆、父が東大医学部卒の心臓外科医で同じように医学部を受けたのに受からない、いつも惜しいところで残念な結果になりそれを父親に実力がないと見せたくないため成績のわかる塾に行きたくありません。

そのような環境で本人もプレッシャーがありストレスも大きいのではないでしょうか。

親と同じにする必要はないこと、失敗し手も恥ずかしい事ではない事、寧ろ失敗を恐れて何もできなくなることの方が恥ずかしい事と一般的には考えられている事、貴方が東大に入れなくても何科に失敗しても躓いても両親は常に貴方の味方であること、親と同じ職業や大学に拘る必要はなく、もし自分がやりたいことが他にあるならばその道に進んで構わないしどんな道に進んだとしても親は子供の味方で有ること、等を伝えてはどうでしょうか。

今の息子さんに必要なのは否定ではなく肯定です。

過去の貴方に似ていて貴方が過去どうだったのかを話す事で息子さんも本音がしゃべる安くなると思います。相手の内面をはなしてもらうには、まず自分のダメなところを話すとあいても自分のダメなところは話しやすくなります。

どんな結果になっても無条件に自分を愛し肯定してくれる人がいると分かっている人間は自己肯定感が育ち、色んなことにチャレンジできますし精神的にも安定します。

親は何があっても自分が失敗しても愛してくれている事、自分を無条件に肯定してくれると言う事を示す事で本人の自己肯定感が育ちます。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;りがとうございます

お大事にされてください。
お手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、本回答への評価入力(上部・右の星印の数の選択)をお願いいたします。今後の相談業務に生かさせていただきます。
評価を入力いただいても、追加料金などは発生いたしません。
次回以降、私の名前リンクから直接質問いただくことも可能です。
ありがとうございました。お大事になさってください。

Dr.Katoをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問