JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Katoに今すぐ質問する
Dr.Kato
Dr.Kato, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 5431
経験:  勤務医
99857541
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr.Katoがオンラインで質問受付中

心療内科からアルプラゾラム0.4mgwo,

質問者の質問

心療内科からアルプラゾラム0.4mgwo
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 75歳、男性、アルプラゾラム0.4mgを1日2回、セルトラリン錠25mgを1日1回。前者は8月21日から、後者は二日前から服用しています。今日は午後4時ころ前者を服用しましたが、1時間40分を経過した現在ようやく効き始めました。効き始める前、とてもつらかったので、当該診療内科に電話したのですが、すでに終了後でした。
JA: ありがとうございます。上記の他に、神経科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 先生へのご質問1:これだけの情報ではお答えになりにくいと思いますので、一般論のお答えで結構です。どのような薬もそうかもしれませんが、体が徐々に薬に慣れてくると効果開始、効果度合いとも減少していくのではないかと思います。不安が起きてからすぐ服用していたのですが、少し待ってみよう、ということから今日の事態が発生しました。1日2回という指示を「かたくなに」守ろうとしてこのようなことになりましたが、一般論で結構ですので、「非常に不安が大きくなる前に服用すべきか」ご教示いただけますでしょうか。なお、不安は8月3日の耳鳴り発症による不眠症から始まったものです。難聴専門医に詳細な測定と調整をしていただき、昨日から補聴器を装着したところ見事に聴覚が改善され、おまけに耳鳴りも収まった矢先の出来事です。一つの側面で大きな進歩があったため、不安解消にも大きな期待を抱きすぎたのではないかと思っています。現在2019.9.6, pm18時ですが、この2時間の苦しみからは若干解放されましたが、余談を許さないと思います。見ていただいている診療内科医とは来週水曜日に予約があり、もちろん今日の事はお話しますが、いわゆるsecond opinionとして、こちらの先生のご意見も伺いたいと思い、ご連絡しました。よろしくお願いします。 先生へのご質問2:
投稿: 15 日 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Dr.Kato 返答済み 15 日 前.

質問ありがとうございます。

既にネットで調べる等して知っており回答不要な事柄と、本サイトで回答を得たい事柄を具体的に教えて頂けますでしょうか?(既にネットで調べて知っているという理由でマイナス評価をされる方がいるためです。)

専門家:  Dr.Kato 返答済み 15 日 前.

今回効き始めるまで苦しんだというアルプラゾラムはベンゾジアゼピン系のお薬ですが、このお薬は依存性や耐性が高く、2週間も常用すれば依存が形成されてしまう事が多くあるので、できれば不安になった時の頓服にしておかれたほうがいいかもしれません。

ただ、勝手に変えるのはよくないので主治医と相談したうえでの話です。

また、原因の耳の症状が改善されたのであれば、必要がなくなったと思いますので漸減中止されてもいいと思います。

急にやめると離脱症状で大変な事になりますので、主治医と相談しながらゆっくり減らしてください。

今回のものは、ベンゾジアゼピン特有の、効果が切れる時間帯に激しい焦燥感を感じるという一種の離脱症状かと思います。

反跳性不安というもので、効果が切れるときに酷い不安感に襲われます。

そのため、だんだん使用量や使用回数が増えてやめられなくなっていくので、まだ始めて間もないですし、原因の耳の症状がなくなったなら漸減中止するのがいいのではとは思います。

神経科 についての関連する質問