JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14610
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

母が認知症で、症状が進み、手足でずっとドンドンとリズムを取っています。自宅で夜中にずっとドンドン叩いていて寝られないし、

ユーザー評価:

母が認知症で、症状が進み、手足でずっとドンドンとリズムを取っています。自宅で夜中にずっとドンドン叩いていて寝られないし、デイサービスに行っているのですが、ずっと指でトントンしたり、手の平でたたいたり、足でリズムを取ったりとうるさく、他の方々に迷惑をかけています。こんな時に何かストップさせる方法は有りますか。似た症状が有ったら教えて下さい。ちなみに以前は生徒100人のピアノ教師でした。
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 女性、88才、認知症の薬。
JA: ありがとうございます。上記の他に、神経科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 2011年に発症して約8年たちます。認知症の薬はレミニールでした。よろしくお願いします。

【情報リクエスト】

おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

認知症における常同行為を止める方法は無くはないですが、それは薬物による鎮静で、常同行為だけではなく、お母様の活動性そのものを抑制する方法です。

転倒や誤嚥性肺炎のリスクは飛躍的に高まり、余命は確実に短くなります。

①これで回答になっておりますでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12372;連絡有難うございます。了解しました。この後もずっとこの症状は続くのでしょうか?

身体状況次第ですが、かなりの期間、続くと思います。

お母様の認知症は、前頭側頭型認知症でしょうか?

質問者: 返答済み 10 日 前.
20102;解致しました。お電話は結構です。認知症の種類は存じておりません。

「プレミアムサービスのリクエスト:専門家と電話で直接やり取り」のご利用を勧めるメールはサイトからの自動送信メールですので無視して下さい。

タイプがいずれの場合でも、衝動を抑える前頭葉が萎縮していくわけですから、常同行為は持続・悪化します。

止まるのは死が近づいたときであると考えられていた方がよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
12372;丁寧に有難うございます。参考になりました。有難うございました。

神経科 についての関連する質問