JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
LLに今すぐ質問する
LL
LL, 神経科医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 1272
経験:  勤務医
99857541
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
LLがオンラインで質問受付中

20年くらい前から徐々に首から上の揺れが強くあり、静止していられません。

ユーザー評価:

20年くらい前から徐々に首から上の揺れが強くあり、静止していられません。
いつも顎にてを当てて押さえています。本態性しんせんの治療を受けましたが
効果がありませんでした。怒りがこみあげた時などは
特にひどくなります。原因を知りたいのと治したいです。

質問ありがとうございます。

原因を知りたいのと治したいです、とのことですが、原因は既に本態性震戦と診断がついているようですが、その診断を疑っておられるということでしょうか?

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
21177;果がなかったこととお酒を飲むと症状がなくなるとありますが私にはききません。精神的な事ではないかとも言われましたが一人でいるときも症状がでます。
質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
21475;下手で人と話す事が苦手でメールで話したいです。

効果がなかったとのことですが、どのような事が効果がなかったのか教えて頂けますか?

震えがでるのは、下記の内どれに当てはまりますか?

1、安静にしている時

2、動作をしようとしている時

3、特定の姿勢を保っている時

また、震えが収まるのは下記の内どれにあてはまりますか?

1、安静にしている時

2、動作をしようとしている時

3、特定の姿勢を保っている時

上記では言い表せない震えだとすると、首から上が震えるということですが、首が動く範囲が狭くなり、顔が横に向き頭がゆれるということはありませんか?

自分の意志関係なく、首が特定の方向にむいてしまり頭がゆれる症状が出ていれば、痙性斜頸(けいせいしゃけい)、頸部ジストニアの可能性があります。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
23433;静にしている時と会議中や朝礼など整列中などじっとしていないといけない時でも縦揺れがおきます。反対に揺れが少ない時は親しい人と話す時自分が声を出している時と寝ている時のみです。

リラックスできる状況では揺れが少ないというのは本態性震戦に当てはまる症状ですが、安静時にも震戦があるというのは確かに当てはまりません。

震戦を診察する場合、先に質問したようにいつ揺れて、いつ揺れないかということで鑑別診断を絞って行くのですが、質問者様に対して質問したところ、鑑別に必要な十分な回答は返ってきませんでした。(動作をしようとしている時、特定の姿勢を保っている時について)

また、素人の方が動作をしようとしている時、特定の姿勢を保っている時、の震えの症状を判断するのも難しいと思いますので、神経内科を受診されて、実際の医師の診察を受けるのが望ましいと思います。

診察室では、医師は、どのような場面(緊張するしないではなく、安静時、動作企図時、など動作に応じたところに着目しています。)で震えたり震えなかったりするのか、観察しております。また、神経内科の疾患は実際の神経診察が非常に重要になってきます。

安静時に震戦が認められるため本態性震戦以外の疾患に対する考慮も必要だと思いますので、神経内科を受診されて実際に診察を受けるのが望ましいと思います。

LLをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問